フォーレ/ピアノ五重奏曲 第1番

パッケージのバーコードをセンサーにかざすと数十秒の試聴ができる、という通信機器のあるCD屋さんが増えていますが、あれはいいですね。迷った時はもちろん、未知の音楽に触れるチャンスにもなります。

たまたまそこで試聴して即座にレジに持っていったCDがあります。フォーレのピアノ五重奏曲集です。まずはその中から第1番を取り出してみました。演奏はフィリップ・コラールのピアノと、パレナン四重奏団。

こんなにも美しい音楽を私はまだ他に聴いたことがありません。清らかな水が湧き出る泉のような音楽。そしてそれらがつくりだす儚くも幸せに満ちた世界。いい作品に巡り逢えました。あまり知られておらず演奏機会が少ないとのこと。残念です。

第1楽章。ひときわ輝くピアノのアルペジオ、それに弦が導き出されていく。神秘的で澄んだコラールの音色。第2楽章は祈りの音楽。弦がトゥッティで描いていくメロディの美しさ。そしてピアノとチェロの対話の天国的なこと。第3楽章は不思議な浮遊感。自由で伸びやかな弦にピアノのアクセント。どこまでも続きそうな幸せな音楽。

色彩が豊かな上に深い精神世界に支えられたこの作風からは、フォーレがドイツロマン派音楽と、印象派の音楽をつなぐ架け橋であることを感じさせます。フォーレを得意とするコラールとパレナンSQの、感情までも渾然一体となった響きに惹かれてやみません。
posted by stonez | 2007.03.16 22:35 | Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
さっそく聴こうとナクソスで探したのですが無かったです(涙)。フォーレはフィリップ・コラールの「ノクターン集」がありますがいいです。しばらくフォーレの他の室内楽曲で我慢します(笑)。
Posted by よし at 2007.03.18 17:34
よしさん、おはようございます。コメントありがとうございます!
コラールのフォーレのノクターンはいいですよね、私はコラールの演奏でしか知りませんが、音楽も演奏も印象に残っています。ナクソスにはありませんでしたか、このレーベルにも登場するようになって欲しいですね(^^ゞ 
Posted by stonez at 2007.03.19 09:08
こんにちは。フォーレの室内楽は、いずれもいい曲ですね。ピアノ五重奏曲は、就職して少したったころにLPの「フォーレ室内楽全集」を購入、親密な雰囲気の中にも内に激しさを秘めたところが好きで、よく聴きました。エラートのヴィア・ノヴァ四重奏団の演奏(RVC ERX7204-8)です。パレナン四重奏団の演奏は、ピアノ四重奏曲のCDを聞いています。
Posted by narkejp at 2007.03.20 06:47
narkejpさん、いつもありがとうございます(^^
本当におっしゃる通りだと思います。それにしても、これほど馴染みやすい音楽を今まで知らなかったというのは不思議だと思いますし、これだからこそまだまだ楽しみが尽きることがありませんね。ピアノ四重奏もいずれ聴いてみようと思っています。こちらの方が比較的知られている作品のようですね。室内楽全集が欲しいです(^^ゞ
Posted by stonez at 2007.03.21 14:18
今ごろになって気づきましたが(^_^;)>poripori
ジャン・フィリップ・コラール盤のピアノ四重奏曲は、パレナン四重奏団員ではなくて、ソリストたちでした。風邪ひき時のうとうと感想をトラックバックします。この盤では、私も大好きな五重奏曲が悲惨なことになっています(^o^;)>yareyare
Posted by narkejp at 2007.04.08 09:11
narkejpさん、いつもどうもありがとうございます。
拝見しましたが、体調いかがでしょうか。大事にしてくださいね。四重奏曲は購入時に迷って試聴して以来ですが、いずれ買ってくることになると思います(^^ それほどフォーレの室内楽には惹かれてます。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.04.10 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

フォーレ「ピアノ四重奏曲第1番」を聴く
Excerpt: 風邪をひいて寝ている間は、深刻な音楽は頭痛にひびきます。とはいうものの、ラジオの、毒にも薬にもならないおしゃべりも、さすがに終日となると飽きてしまいます。 で、昔よく聴いたフォーレの室内楽を、枕元の..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2007-04-08 09:11

フォーレ ピアノ五重奏曲 第1番 ニ短調
Excerpt: 昨年小さな苗・・・実生苗だったか、挿し木一年苗だったか・・・の クレマチス、購入してから一度鉢に植え替えはしたものの、後は 放置してしまっていたのが、今年になって枯れていないことに気付き、 一回..
Weblog: 音に巡る想い
Tracked: 2007-05-09 07:17