J.S.バッハ/ヴァイオリン協奏曲 第2番

ここ数日でずいぶん暖かくなりました。咲き出した桜ももうじき満開、子どもを連れて出かけるのが楽しみです。写真は夕暮れ時に桜の下で。マウスオンあります。

春らしい暖かさと輝きを兼ね備えた音楽、J.S.バッハ作曲、ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042を聴きました。サイモン・スタンデイジ(Vl)、トレヴァー・ピノック(Cond & Cemb)、イングリッシュ・コンサート。古楽器による演奏です。

春は出会いの季節。そんな喜びのように始まる第1楽章。軽やかに弾む心と、ほんのちょっぴり見え隠れする不安。第2楽章は悲しみのアダージョ。別れの季節でもある春のもう一つの表情。第3楽章は春の息吹。色鮮やかに緑が芽吹き、小川は雪解け水でまばゆいほどキラキラしている。そんなことを思い描きながら聴きました。

それにしても最初の数秒間だけで十分わかるほど、緊密で弾力のあるアンサンブル。これがピノックをはじめイングリッシュ・コンサートの熟練と一体感を感じさせるところ。スタンデイジもその一体感の中にあって、まるでコンマスがソロパートをやってるみたい。技巧もさわやかです。

古楽器は演奏がより難しいそうですが、この演奏からはそう聴こえてきません。
posted by stonez | 2007.03.29 00:56 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
暖かくなると桜と赤ちゃんの季節ですね。
無理やりくっつけました(笑)。
ピノックはヘンデルで感心したのですがさっそうとした演奏だと思います。
Posted by よし at 2007.03.29 08:26
よしさん、いつもありがとうございます(^^
まったくおっしゃる通りなんです、春がくると桜が咲いて息子の誕生日がやってくる、あとすこしで1才です。私は真冬生まれなので、この暖かい季節はちょっぴり羨ましいです(笑)
ピノックは私もヘンデルで、王宮の花火を聴いた時の鮮烈な印象が忘れられません。
Posted by stonez at 2007.03.30 01:34
こんにちは。
バッハのヴァイオリン協奏曲に関してはスタンテイジ/ピノック盤の印象、強烈です。
それまで聴いていた録音が一体何だったのかと思うほど。
颯爽として切れ味鋭くて、全然別の曲みたいでした。
Posted by 木曽のあばら屋 at 2007.03.31 21:25
木曽さん、遅くなってしまいましたが、コメントありがとうございます!
本当にそうですよね。私も2,3別の演奏を聴いたあとに耳にしましたので、その印象は、より鮮烈でした。バッハってこんなに迫力あったかと思ってしまいました(笑)。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.04.02 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37125358

この記事へのトラックバック

バッハ ヴァイオリン協奏曲 第2番
Excerpt: ハーン(ヒラリー), カヘイン(ジェフリー), ロサンゼルス室内管弦楽団, バッハ, バーチャー(マーガレット) バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番 先日の山歩きが、..
Weblog: 音に巡る想い
Tracked: 2007-06-11 12:04