プッチーニ/歌劇「ラ・ボエーム」

桜が満開になりました。写真は東京・目黒川にて。普段はあまり気にしない小川ですが、この時ばかりは風情のある清流に(笑)。昨日はうちのチビを連れて近所を散歩してきました。やっぱり外は気持ちいいですね。マウスオンもあります。

昨日はNHK芸術劇場の、藤原歌劇団によるオペラ「ラ・ボエーム」公演の放送を楽しみました。なかなかゆっくりコンサートやオペラを見に行けない最近の私にはありがたいプログラムです。

パリで芸術家を目指す若者たちを描いた青春群像。そして悲劇的な恋。体の弱いヒロインが死を迎えるというストーリーはヴェルディの椿姫に似ていますが、違うのは貧しくて、寒くて、暗闇に包まれているところ。一段と悲劇的。それなのに登場する若者たちには前向きさ、ユーモア、魅力的な個性、情熱があふれていて、生きるということを問いかけられている気がしました。

ポルタメントが美しく、スケールが大きいアリアの数々はプッチーニの醍醐味ですね。ロドルフォの生き生きした「冷たい手を」、ミミが可憐に歌い上げる「私の名はミミ」の若々しさにも生を感じたし、それぞれの人物の個性と雰囲気がよく出ていたと思います。ミミの最期のシーンは本当に可哀想で寂しくなりました。

とにかく男声が多いので、そのぶんミミやムゼッタが際立ちました。ロドルフォとミミがすぐに恋に落ちたり、ムゼッタがなぜか凄くいい人に変わったり、というのもありましたが、それはこの作品の魅力のうちということで(^^ゞ 絵画調の舞台も素敵でした。

■主な配役
ミミ・・・砂川涼子
ロドルフォ・・・村上敏明
ムゼッタ・・・高橋薫子
マルチェルロ・・・堀内康雄
ショナール・・・三浦克次
コルリーネ・・・久保田真澄

■演奏・収録
合唱:藤原歌劇団合唱部
児童合唱:多摩ファミリーシンガーズ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:園田隆一郎
演出:岩田達宗
収録:2007年1月 Bunkamuraオーチャードホール(東京)
posted by stonez | 2007.04.02 15:55 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - オペラ・声楽
この記事へのコメント
見ました。藤原歌劇団の「ボエーム」。砂川涼子さんが、可憐なミミを演じておりましたし、四人の若者がそれぞれいい味を出していました。毎度のことながら、「外套の歌」のあたりから、プッチーニの音楽に涙腺がじぃんと参ってしまいます。ヴェルディの「トラヴィアータ」とはまた違った種類の味わいですね。番組の始まりで、演出家が「1830年代のフランス人の青春でなく、日本のあなたたちの青春を」と出演者に要求した、という話をしていましたが、意図が明確に出ていたように思います。
Posted by narkejp at 2007.04.02 22:20
マウスオンの時だけコメントする「よし」です(笑)。いつ見てもかわいい。
オペラはほとんど主人公の女性が死んでしまうのですよね。でも「ボエーム」の筋は大好きです。
Posted by よし at 2007.04.03 08:26
narkejpさん、コメントありがとうございました!
砂川さんのミミは美しかったですね。ボエームはこの映像が初体験となりましたので、私のミミのイメージは彼女で始まったことになります。もちろんロドルフォもですが。ところで、番組のはじめのところは息子を寝かせていて見られなかったのですが、演出家からそんな指示が出ていたのですね。どおりで、自分の目線でもさほど違和感なく楽しめたわけです(^^ゞ 4人衆が親指を下げてブーイングする辺りなど、今風だなと思いました。結果的にはこちらに伝わってくる演技だったのでよかったと思います。
Posted by stonez at 2007.04.04 01:53
よしさん、ありがとうございます!
マウスオンにコメントくださって、親ばかとしては身に余る喜びです。マウスオンをはじめはどうやって使おうかと迷っていましたが、当面はこんな楽しみ方で行ければと思います。もちろん、写真が撮れたらですが(笑)

よしさんのおっしゃるように女性は死んでしまいますし、男はイマイチぱっとしないことが多いし(笑)という感じですね。今回の4人衆は比較的純粋な若者という感じで好感が持てましたし、ミミはもちろんですがムゼッタに嫌みがなかったのもよかったです。別の演出でも見てみたくなる作品でした。
Posted by stonez at 2007.04.04 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37550285

この記事へのトラックバック

NHKの芸術劇場で藤原歌劇団の「ボエーム」を見る
Excerpt: 日曜日の芸術劇場、今週は藤原歌劇団の「ボエーム」でした。砂川涼子さんのミミ。彼女は沖縄県の出身で、音大に入るまで生のオペラに接したことがなかったとか。なかなか可憐なミミでした。演出も、1830年代のフ..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2007-04-03 07:02