リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」

週末のレイトショーで映画「キングダム・オブ・ヘブン」を観てきました。
海外版大河ドラマといいますか、十字軍時代のキリスト教世界から見た、聖地エルサレムを巡るイスラム世界との対立を描いています。現在に至る火種の原点ですね。宗教から距離をおいて、客観的に見られたと思います。迫力のある映像と音響でした。
余談ですが、イスラムの英雄サラディンを演じている役者さんがいい味を出していましたが、どうにもフランク・ザッパさんに似ていたのが印象的でした。まあ、これから見に行かれる方もいらっしゃるでしょうから、映画のお話はここまでに。

で、この映画を見終わって聴きたくなったのが、ロシアの作曲家・リムスキー=コルサコフ作曲の交響組曲「シェエラザード」。映画の舞台設定や音楽が、オリエンタルな雰囲気を持つこの曲をイメージさせました。演奏は、ロリン・マゼール指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で。マゼールさんによる演奏は、キビキビとしていて切れ味がいいので、聴いていて飽きません。私の好きな指揮者さんです。

この交響組曲「シェエラザード」は、あの「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」を題材にしています。
その昔、トルコにシャリアールという王様がいました。この王は、女性は不実のかたまりだと信じて、次々に新しい妃をめとっては一夜限りで殺してしまうという、暴君でした。
そこへ最後の王妃として嫁いできたシェエラザードは、殺されてしまわないようにと毎晩毎晩、おとぎ話や冒険譚を王に語って聞かせ、ついに王を改心させたのでした...と、これが千夜一夜物語です。

この曲は、「海とシンドバッドの船」「カレンダー王子の物語」「若い王子と王女」「バグダッドの祭り - 海、船は青銅の騎士のある岩で難破」の4曲からなっていますが、それぞれ情景が自然と浮かんでくるような繊細で広い世界観です。そして何と言っても切なくて雄大で、部屋を暗くしてボリュームを上げれば、自分の世界にどっぷりと浸れること請け合いです。

ちなみに、3曲目の甘いメロディは、私が前に自宅で使っていた電話機の保留音でもありました。美しくて、自慢の保留音でした。あまり使わなかったけど(笑)
posted by stonez | 2005.05.30 23:17 | Comment(6) | TrackBack(5) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
TB有り難うございました。マゼールの演奏、ボクも大好きです。マゼールが指揮するとまさに「交響」組曲になりますね。しかも、マゼールらしく、必ずどこかで彼独特の「聴かせどころ」を作っているのが面白いです(^-^)。当方もTBさせていただきますね。これからもよろしくお願いします。
Posted by mozart1889 at 2005.05.31 05:02
TBありがとうございます。まだ全然有名ではないゲルギエフが20年くらい前にこの曲をやりましたがゴージャスなオーケストレーションと共に登場人物の心のひだまでくっきりと表現していたのが印象的でした。この録音をしたときのマゼールは彼自身の1時代でした。彼の面白さはその辺のような気もしますがいかがでしょうか。今後ともよろしくです。
Posted by yurikamome122 at 2005.05.31 06:27
mozart1889さん、コメント&TBありがとうございます!
マゼールさんの聴かせどころ、というお話はよく耳にします。そのためにも、今度アシュケナージさんの演奏を聴いて、両方の魅力を楽しみたいと思っています。またよろしくお願いします。
Posted by stonez at 2005.05.31 09:46
yurikamome122さん、コメント&TBありがとうございます!今年のVPO・ニューイヤーコンサートを見た時に「歳をとったなぁ」と思いました。勢いを感じた数年前に比べると店頭でマゼールのCDを見かける機会が少なくなったような気がして少し寂しい感じです。10月にみなとみらいホールにやってくるそうですね。気になります。というわけで、またよろしくお願いします。
Posted by stonez at 2005.05.31 09:56
TBさせて頂きます。むむっ、マゼール、興味深いです。いったいどんな面白い仕掛けがあるのか・・・。
Posted by shinsaqu at 2005.12.06 01:31
sinsaquさん、コメント&TBありがとうございます!
このシェエラザードは、マゼールでしか聴いていないんですよ。それなので、これが私のスタンダードになっています。とにかく堂々としていて、オリエンタルな雰囲気たっぷりでお気に入りです。エントリーされている小澤/ボストン響聴いてみたいですね。
Posted by stonez at 2005.12.06 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

R・コルサコフ「シェエラザード」 アシュケナージ/フィルハーモニア管で
Excerpt: 昼から気温が上昇して、ようやく伊予路も夏らしくなってきた。 ここのところ、朝晩は上着を手放せなかったが、今日は昼からワイシャツ1枚で仕事。 夏が来ると聴きたくなるクラシックがある。 ヘンデルの「水上の..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2005-05-31 05:03

リムスキー=コルサコフ作曲、交響組曲「シェヘラザード」
Excerpt:  みなとみらいのサンクスキャンドルきれいだった。でも一人じゃね??。あなたと一緒にきたかったな。あなたですよ、あなた!!。今度は一緒に見ましょう。楽しい想い出は多いほどいいわけではありませんが、でも想..
Weblog: yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ
Tracked: 2005-05-31 06:13

映画「キングダム・オブ・ヘブン」
Excerpt: とてもとても丁寧にストーリーが進むのが私にはとても面白く感じました。しかしながら
Weblog: RAKUGAKI
Tracked: 2005-05-31 08:02

ムーティの「シェヘラザード」
Excerpt: 暑い日が続きますが、皆様お元気でしょうか? 四国伊予路の六月は、ホンマに雨が降っていません。11日に梅雨入りしたにもかかわらず、その後殆ど降水量がありません。例年の20%に満たない降雨のようです。 ..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2005-06-21 04:07

リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェヘラザード》
Excerpt:   小澤征爾指揮ボストン交響楽団 1977  昨晩、NHK音楽祭のハイライト番組で小澤の指揮ぶりを見ていて、  この演奏を選びました。  ロシアの作曲家が『アラビアン・ナイト』を..
Weblog: shinsaqu発表会
Tracked: 2005-12-06 01:30