モーツァルト/交響曲 第39番

『飲み会の大切さがわからないとね、キミ』なんていう社風の会社で育ったせいか(笑)、どうも職場の飲み会が断りにくい性分ですが、逆にそういう席がまるでないというのも寂しいもの。で、先日仕事上のちょっとしたヤマが片付き、今の職場で初めての打ち上げに行ってきました。それでも久々とはいえ、飲みすぎなくなったのは疲れのせい?

ところで疲労がたまってくると、体が自然とチョコレートとモーツァルトを求めるんですねーこれが。なのでふとしたときに頭に流れているのはやっぱりモーツァルト。自分にとってはどうやら今年こそがモーツァルトイヤーのようです(笑)

そんなわけでモーツァルトの後期3大シンフォニーから。交響曲第39番 変ホ長調 K.543。40番が優美、41番が壮麗だとしたら、この39番は典雅な世界。そしてふとした時に浮かび上がる孤独な表情。この微かな感情のコントラストがまたモーツァルトの醍醐味。好きです。演奏はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団にしてみました。

アーノンクールが切れ味鋭く新鮮な演奏だとしたら、このカラヤンはその対極にあるといえるかもしれません。ふくよかで悠然とした、いかにもオーケストラらしい重量感のある響き。共にザルツブルクを故郷に持ちながら何故か接点の薄い印象のモーツァルトとカラヤンでしたが、この演奏がそれを払拭してくれます。

AmazonではSchweizer_Musik先生がレビューされていましたので、ご参考まで。
posted by stonez | 2007.05.31 23:39 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
私の持っているカラヤン、BPOのモーツアルトは1960年代(DG)と1970年代(EMI)のものですがこの演奏はいつごろなのでしょうかね。Amazonの先生のコメントでは1960年代みたいですが。カラヤンは29番が得意だったみたいですよ。
Posted by よし at 2007.06.01 08:24
お久しブリテン!
僕は疲れたらブルックナーの6番に走ります。
ではでは。
Posted by リベラ33 at 2007.06.01 17:24
カラヤンのモーツァルトは、とにかく美音の洪水、そして肩の力が抜けた流線型のモーツァルトになりますね。
グラモフォン録音もEMI録音も、どちらも耽美的で、終楽章は壮麗なものでした。豪壮なモーツァルトもいいものですね。
Posted by mozart1889 at 2007.06.02 11:06
遅くなってしまいました(^^ゞ
よしさん、いつもありがとうございます。
私の持っているのは写真のジャケット(DG)で録音は1975年とあります。多少低音がこもり気味なところもありますが、なかなか艶やかな演奏でした。29番ですか、是非聴いてみたいですね、覚えておきます!
Posted by stonez at 2007.06.03 10:49
おぉっリベラ33さん、ご無沙汰してしまいました、ありがとうございます(笑)
ブルックナーですか、ちょっと天国的な感じでしょうか。私は最近8番を聴き始めました。繰り返し聴いていると次第に異世界が見えてくるような気がします。。。
Posted by stonez at 2007.06.03 10:52
mozart1889さん、コメント&TBをどうもありがとうございます!
結構ピリオド楽器の演奏が気に入ってあれこれ聴いたあと、久々にふとカラヤンを聴いたりすると、これがまたたまりませんね(笑)。本当にあちこちに美がちりばめられていて贅沢な演奏でした。聴きたい演奏を選べるというのは幸せなことですね。
Posted by stonez at 2007.06.03 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43513398

この記事へのトラックバック

カラヤンのモーツァルト 交響曲第39番変ホ長調 K.543
Excerpt: プロ野球、パ・リーグが開幕。選抜高校野球も進行中。 野球で春を感じます。 今日は地元の今治北高校が登場です。 春夏を通じて甲子園は初出場なので緊張するだろうなぁ・・・・・・守備は良いチームなので..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2007-06-02 10:59