J.ヘルメスベルガーII/悪魔の踊り

今日午前中の関東地方は大雨で、足元ズブ濡れの出勤となりました。

さて、小澤さんの音楽監督・任期延長のニュースがありましたので、今日はそれにちなんでこの曲を。小澤征爾/ウィーンフィルにより、2002年1月1日にウィーン・ムジークフェライン大ホールで演奏された変り種、J.ヘルメスベルガーII世作曲の「悪魔の踊り」です。
日本語にしてしまうと、ちょっと普通に悪魔の踊りですが原曲の曲名が好きです。「ダンス・ディアボリク(Danse Diabolique)」、そのまんまな感じですが、こっちの方が格好いいです。

この「悪魔の踊り」、最近ではちらほら演奏されているようですが、以前では見かけた記憶がないので、もしかしたらこのウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのために小澤さんが発掘してきた曲なのでしょうか。曲だけをとっても、どうして今まで殆ど演奏されなかったのか不思議に思うほど、テンポ感、耳馴染み、共にいい曲なのです。

それにしても、めでたい新年の幕開けに「悪魔」とはウィットに富んでますが、一度聴いてからというもの、異様な緊迫感と盛り上がりの虜となってしまいました。それに、テレビで見た小澤さんの指揮姿は、風貌も表情も鬼気迫っていて、強烈な緊張感がこちらにも伝わってきましたし、この曲の時だけ、新年のお祭りムードが一変していたのが印象的です。

今のところ、この曲はこの演奏以外は想像つきません。
別の演奏家さんは、どんな悪魔の踊りを見せてくれるのか興味津々です。


yurikamome122さんがエントリーなさっていました!
yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ/J・ヘルメスベルガーII、「悪魔の踊り」。
posted by stonez | 2005.06.22 17:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 - 管弦楽曲
この記事へのコメント
この曲面白いですよね。U野某も自分で演奏してみたいといっていました。これ本当に小澤が発掘したんでしょうかね。本当になんでこんな曲が埋もれていたんでしょうね。
Posted by TBありがとうございます。 at 2005.06.23 13:41
yurikamome122さん、コメント、TBどうもありがとうございます!
確かに埋もれていたというのが不思議ですよね。U野氏とはあの辛口でおなじみの方でしょうか(笑)聴いてみたいものです。小澤さんが今度ニューイヤーを振るときには、また驚くような曲が出てきて欲しいものです。またよろしくお願いいたします!
Posted by stonez at 2005.06.23 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

J・ヘルメスベルガーII、「悪魔の踊り」。
Excerpt: 年の初めに集まってご挨拶というのは、悪くないね。そういうときでしか会えない人もいるし。近況を聞いて話しに花を咲かせて、興が乗ればもう一軒!!。今も昔もこの酒つげば、心地よし!!。今日は、J・ヘルメスベ..
Weblog: yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ
Tracked: 2005-06-23 13:38