ハイドン/弦楽四重奏曲 第17番「セレナード」

今年の夏も暑いですね。と言いそうになる今回の梅雨。今からこんなでこの先どうなってしまうんでしょう。先日息子を連れて公園に行って、何十年ぶりに逆上がりをしたら「めまい」が。今からこんなでこの先どうなってしまうんでしょう。。。

毎度ご無沙汰ですが、今日はハイドン作曲、弦楽四重奏曲第17番 Hob3-17「セレナード」です。イタリア弦楽四重奏団で聴いてます。

青々とした初夏を思わせるように、ヴァイオリンがすがすがしく伸びやかに歌う。ヴァイオリンが日の光をいっぱいに浴びた木々や草花、そして陽だまりそのものならば、ビオラやチェロはそこにしなやかに映し出される陰。音質が良く、明朗で溌溂としたイタリアSQの音色も聴きものです。

ところで、第2楽章はこの作品のタイトルとなった有名なセレナード。ゆっくり、密やかに奏でられる1stヴァイオリンと、ビオラをはじめとしたピチカートが、心地よく過ごしやすい木陰を作り出していくようです。

この作品、実はハイドン本人が作ったかは謎なんだとか。だとしても、こんなに心地良いそよ風のような音楽を、こうして聴けることに感謝したいと思います。
posted by stonez | 2007.06.27 23:30 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
 おはようございます。ハイドンの「セレナード」いいですね。私もこの後早速聴こうと思います。暫く聴いてないものですから。誰でも知っていると思うあの旋律ですが、私は素直に大好きです。数あるセレナードの中でも1,2を争うのではないかと、、。私もイタリア弦楽四重奏団盤を持っています。

 ところで、私はこの曲の作曲者はホフシュテッターだと聞き及んでいます。が、たとえそうであっても、これは所謂「ハイドンのセレナード」になりきってしまってますね。ま、それでもいいのかと思ったりします。
 このことは、たとえそれがフリースの作曲であったとしても、その曲が普遍的には「モーツァルトの子守歌」と呼ばれ、今更変えることの出来ないものになっているのと同じことだと思うものですから。
 ほかにもクラシック音楽界にはいろいろな伝説があるようで面白いです。
Posted by アスカパパ at 2007.06.28 11:22
同じCDでエントリしていました。
TBしますね。
Posted by yurikamome122 at 2007.06.28 12:31
アスカパパさん、コメントありがとうございます!
いつもアスカパパさんからのコメントを拝見していて、なるほどと納得することが多いのですが、今回もでした。確かにこの音楽はハイドンですよ、と言われても素直にうなずいてしまう雰囲気がこの作品にはありますね。奇抜ではないけど、ハイドンのような素朴な美しさ、いつでも聴ける佳曲だと思います。イタリアSQの演奏はなかなか人気があるようですね。古い録音なのに良好な音質も素晴らしいです。
ところで、モーツァルトの子守歌は知りませんでした。貴重なお話ありがとうございます。やはり古典派ほどの昔になると、なかなか興味深い謎がいくつもありそうですね。
Posted by stonez at 2007.06.29 01:13
yurikamomeさん、先日のエントリーを拝見してハイドンをちょこちょこ聴いていたんです(^^ゞ コメント、TBをありがとうございます!
イタリアSQの録音はなかなか人気のようですね。あれこれと聴いていると、やがて帰ってきたくなるようなホッとする音楽だと思います(^^ゞ
Posted by stonez at 2007.06.29 01:19
ハイドンの四重奏は大好きですがこのは曲持っていないんです(涙)。ナクソスで聴きましょう。
最近は室内楽が心に染みるようになりました。
Posted by よし at 2007.06.29 08:38
よしさん、いつもありがとうございます!
ハイドンの室内楽も曲が尽きないですね。私はまだほんの一部しか聴いていませんが、とても安らげて好きな世界です。食事中も邪魔にならないですね。私もナクソス楽しみたいです〜、今はチマチマ15分無料体験で楽しみます(笑)。
Posted by stonez at 2007.06.30 13:56
こんにちは。
「セレナード」を含む曲集は、ドイツの僧で音楽愛好家のホフシュテッターの弦楽四重奏曲を、
フランスの楽譜出版社が、ハイドンにもホフシュテッターにも無断で、
ハイドンの弦楽四重奏曲集作品3として出版したものだそうです。
コダーイ・カルテット盤(ナクソス)で、6曲全て聴くことができますが、なかなか良い曲です。
とくに作品3の5「セレナード」は、かつてはハイドンの初期四重奏曲の代表作、
とまで言われていたのですから。。。
Posted by 木曽のあばら屋 at 2007.07.01 18:08
木曽さん、コメントありがとうございます!
なるほど企業利益が優先されたというわけですね(笑)。しかもフランスですか。。でも複雑ですね。きっとホフシュテッター作曲〜、となっていたらあれほどの作品とはいえ知る機会が極端に少なかったでしょうし。
作品3というと、偽作となっている例の13〜18番ですよね。これら全てが1枚に収まっているということは、きっとひとつひとつがシンプルで耳障りの良い作品なのでしょうね。聴いてみたいです。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.07.03 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ハイドン作曲、弦楽四重奏曲第17番「セレナード」
Excerpt:  今日は、ハイドン作曲、弦楽四重奏曲第17番「セレナード」。  この曲はいわゆる、その、ハイドンのセレナードなのです。この2楽章なのです。  それにしても、この幼稚園の園庭のようなかろやかで楽しげ..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2007-06-28 12:26