”Musical Baton”

「最後の審盤」ブログのラーマさんから、”Musical Baton”を頂きました。

”Musical Baton”とは、海外から始まったという平和的なチェーンレターの一種で、お題に答えて次の人にバトンを渡していくというものだそうです。あちこちのブログさんで拝見してましたが、ついにこんな所にもやってきたのですね。面白そう!ラーマさん、ありがとうございます。

ではさっそくやってみます〜

Q1.コンピューターに入っている音楽ファイルの容量は?
iTunesを見たところ、22.83GB/3133曲/12.7日 となっていました。
そのうちクラシックの曲は約半分の、10.09GB。やはり、貴重な時間を満員電車にとられますからね。iPodにあれこれ詰め込んで、音楽を聴くための大切な時間にあてていますが、できれば郊外に出て仕事したいなぁ。

Q2. 今、聞いている曲は?
ナラ・レオンのアルバム「Onde E Quando」より「So Voce」。
今日は梅雨時にしては、めずらしく青空がのぞくいいお天気。
ナラ・レオンのスローボッサな曲は、こんな日の昼下がりにぴったりハマります。

Q3. 一番最近買ったCDは?
「プロコフィエフ&フランク・フルートソナタ」(BMG)
ゴールウェイさんのフルートと、アルゲリッチさんのピアノと相性いいんですね。

Q4. よく聞く、または特別思い入れのある5曲は?
5曲に絞るというのは、意外と難しいもんですね...
今後変わってくるかもしれませんが、今はこんな感じです。
♪交響曲第7番/ベートーヴェン
あまりにハマりすぎて、13種類の録音で聴きました。
今のところ、熱さで小澤征爾・SKOが一番かな。

♪シシリエンヌ/フォーレ
劇音楽「ペリアスとメリザンド」の中の1曲です。
この曲は大切にとっておきたい1曲です。

♪ロマンティックなワルツ/ドビュッシー
iTunesの演奏回数が68回、堂々の第1位です。
えぇっ、そうだったとは知りませんでした...

♪Waltz For Debby/Bill Evans
言わずと知れた名曲、私も大好きです。
これが入っているアルバムは相当聴きました(笑)

♪Spirit Of Love/Sing Like Talking
思い入れ部門でエントリーです。
自分の結婚式に自分で歌った時の緊張を思い出します(^_^;)
Q5. BATONを渡す5人
私がお世話になっているブログさんで、まだバトンを受け取られていないと思われる方を探してみました。5人まで届きません(^_^;)が、次の方々にバトンを回させて頂きます。ご迷惑でなければよろしくお願いします!(最新記事にTBさせていただきました。)

mozart1889さん(クラシック音楽のひとりごと)
iketomoさん(Buona Vita e un po' veleno)
NAKAMAさん(或るクラシックファンの雑記)
posted by stonez | 2005.06.25 14:43 | Comment(6) | TrackBack(3) | いろいろ
この記事へのコメント
おぉ、選んで頂きありがとうございます。
いろんなところで見かけて面白そうだと思ってました。次に5人回せるかどうかは???ですが、やってみまーす。ありがとうございます。maestroさんがクラシック以外の曲について語っているのはなんか新鮮ですねぇ。
Posted by iketomosan at 2005.06.25 21:02
ベートーヴェンの7番は小澤は得意にしているようですね。私も彼の7番ですごい演奏を聴いた覚えがあります。
Posted by yurikamome122 at 2005.06.25 22:07
iketomoさん、コメントありがとうございます!
しかもやって頂けて嬉しい限りです。さっそく拝見いたしました。お世話になっている方の好きな音楽というのは興味があるものです!たまにはこういう気分転換もいいですね。
ちなみに、私はラジオ族でしたので、好みの曲に統一性がないんですよね(笑)また今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by stonez at 2005.06.26 00:47
yurikamomeさん、コメント&TBありがとうございます!
yurikamomeさんの'Musical Baton'も拝見させて頂いていたのですが、第2ラウンドまでされているのですね。凄いです!
それからベートーヴェンの第7番、小澤さんでエントリーされていたんですね。今度は是非この曲の生演奏が聴きたいです。
またよろしくお願いいたします!
Posted by stonez at 2005.06.26 00:53
●stonezさん、こんばんは。
ナラ・レオン (Nara Leao)
http://music-review.info/article/10779738.html
へのコメントありがとうございました。

47才は若すぎますよね。ボサノバとトロピカリスモの波に揉まれ、激動の人生を駆け抜けていった。そんな感じがします。しかし、彼女はアルバムとして今に残っています。今尚彼女の音楽に触れることが出来るのは幸せなことだと思います。
Posted by ponty at 2005.12.23 01:11
pontyさん、コメントどうもありがとうございました!
ナラ・レオンの歌声は、本当に気持ちを落ち着かせてくれる「魔力」がありますよね。ボサノバというだけでなく、ジャズの雰囲気もちらっと感じられるあの独特の雰囲気は大好きです。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2005.12.23 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ベートーヴェン、交響曲第7番
Excerpt: きょうは昨日釣った魚で飲みました。お茶漬けと共に美味しかった。でも横暴な人は嫌いです。でかい声で話しをすれば意見が通るわけではありません。ウッサいから黙っているだけです。勘違いしています。その後にワイ..
Weblog: yurikamomeが言いたい放題にしゃべるブログ
Tracked: 2005-06-25 22:09

ナラ・レオン (Nara Leao)
Excerpt: ナラ・レオン (Nara Leao)ブラジル 歌手 ギター奏者 ナラ・レオン(1942~1989)(本名ナラ・ロフェーゴ・レオン)は、 ブラジルのエスピリトー州ヴィトーリア市で生まれた。父は 弁護士..
Weblog: 楽しい音楽を聴く♪
Tracked: 2005-12-21 07:05

Os Meus Amigos Sao Um Barato (Nara Leao)
Excerpt: World-Brasil-MPB : ★★★★★ Os Meus Amigos Sao Um Barato ナラ・レオンの最も密な時期を回顧的に見ることの出来る作品。 ナラ・レオンが親しいミュージシ..
Weblog: 楽しい音楽を聴く♪
Tracked: 2005-12-28 23:00