ワーグナー/楽劇「ニーベルングの指環」〜第一夜「ワルキューレ」

写真は群馬の実家での風景ですが、そんなこんなで妻と息子を実家に残して仕事が始まった2日間。そんな時にしかできないことシリーズ1日目はワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」の序夜を楽しみましたが、となると2日目はその次になるわけで、つづいて第一夜の「ワルキューレ」です。今回もレヴァイン/METのライヴDVDです。

お話は、生き別れていたヴォータン(神々の長)の双子の息子ジークムントと娘ジークリンデが出会って愛し合い駆け落ち(ここでジークフリートを身ごもる)。でもジークリンデの夫はジークムントの敵フンディングということで決闘することに。ヴォータンはジークムントを助けたかったが本妻フリッカの猛反対で見殺しにせざるを得なくなる。彼の愛娘でワルキューレの一人ブリュンヒルデは父の本心を見抜いてこの兄妹を助けようとするも、彼女のこの勝手な判断がヴォータンの怒りを買い、罰として神性を奪われ炎に包まれ長い眠りにつく・・・。こんな感じでしょうか。

前作「ラインの黄金」のヴォータンを取り巻くその後というわけで、指環は登場しませんが、序夜よりもさらにお話が変化に富んでいて、しかもあの有名な旋律をはじめそうそうたる音楽のおかげで楽しめた4時間(!)でした。ジークムントとジークリンデは近親相姦ですし、彼女の方は不倫でもあるわけでちょっと昼メロ的ですけど、あの神秘的な流れの中で純粋で美しく見えてしまうのが面白いところ。ヴォータンのブリュンヒルデに対する父性愛もそうですが、人間の様々な情感が、限界ギリギリの歌と、表情からも語りかけてくるような演技、そして迫力のオーケストラによってスケールいっぱいに描かれていく印象でした。

そういえば敵役フンディングはどこかで見た気がするなと思ったら、同じくMETつながりで魔笛のザラストロをやっていたクルト・モルという役者さんでした。いろんな顔をお持ちですね。こちらも存在感がありました。

ところで、このワーグナーの巨大な楽劇は、構想から完成まで実に26年もの歳月を費やした一大叙事詩的オペラというわけで、上演するだけでも4晩を要する超大作。なので2晩しか持っていない今回は、次の第2夜「ジークフリート」と最後の第3夜「神々の黄昏」のお話はおあずけということで。。。DVDも高価ですんで。

■主な配役
ヴォータン・・・ジェイムズ・モリス(Bs-Br)
ジークムント・・・ゲイリー・レイクス(T)
ジークリンデ・・・ジェシー・ノーマン(S)
フンディング・・・クルト・モル(B)
ブリュンヒルデ・・・ヒルデガルト・ベーレンス(S)
フリッカ・・・クリスタ・ルートヴィヒ(Ms)

■演奏・制作
メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指揮:ジェイムズ・レヴァイン
演出:オットー・シェンク
制作:1989年4月 メトロポリタン歌劇場(ライヴ収録)
posted by stonez | 2007.08.26 23:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 - オペラ・声楽
この記事へのコメント
子供はどんどん大きくなります。
その分親父は・・・・(笑)
息子たちが小さい頃家内の実家(山口)に行ったらスイカ取り放題で毎日スイカ割していました。
そんな孫を見るのがまた楽しいんですね。

このシリーズは図書館で借りられるのですがこの酷暑で見続ける元気は無いです(笑)。
URL入力サボりました(酷暑のため)(笑)。
Posted by よし at 2007.08.27 11:39
こんにちは。
次いでワルキューレですね。
この作品は、完結感がありますので、4部作を離れて単独で味わっても実に良く出来た楽劇です。
ご指摘の通り、親子、夫婦、兄妹、恋人、近親○○、などいろんな形態の愛憎をお楽しみになられたことと存じます(笑)
次作でヒーローの、生まれ来るジークフリートは、叔母のブリュンヒルデと出来てしまうんですから、もう無茶苦茶ですがな。
でもワーグナーが付けた音楽はホントに素晴らしいと思います。3幕で、ジークリンデが、ブリュンヒルデに感謝をささげる場面(神々の黄昏で最後に流れる救済の動機)やウォータンの告別の場面は、涙なしには聴けません、ワタクシ。

次作以降へのチャレンジ期待しております。
Posted by yokochan at 2007.08.27 13:00
 こんばんは。
 ご無沙汰しております。

 これらレヴァインのMETシリーズは、わたくしもおっかなびっくり入手した「くち」です。
 舞台や演奏の「ちょっとしたところ」で期待と相違する個所、いかにも「舞台セット」と感じさせられる部分なども無いわけではありませんが、しかし、オペラ・楽劇の映像作品において総合点でここまで辿り着くことが容易でないことを思うたび、やはり優れた企画・DVDのひとつではないかと思うようになりました。

 どうしてもヒルデガルト・ベーレンスに目が向います・・・1ステージで歌手の疲労がどのように現れるかもこの人の首筋などで見てしまいますね。若いとはもちろん言えず、この公演当時に52歳・・・しかし魅了され、勇気づけられるものがあります。

Posted by クラシカルな某 at 2007.08.27 20:37
よしさん、残暑お見舞い申し上げます。コメントをありがとうございます(^^
スイカの割り放題、羨ましい限りです!やっぱり田舎があるというのは幸せなことだなと最近つくづく思います。広いので息子も運動量がアップしてよく食べよく眠り、健康的になって帰ってこられました。
ところで、この時期に重厚長大な作品を楽しむというのは、汗をかきかき激辛カレーを食べるような心境に似ていますね(笑)。ある一線を越えてしまってちょっと快感を覚えてしまいました。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.08.27 23:18
yokochanさん、こちらにもどうもありがとうございます!
この第一夜までを見終わって、この後の筋を読んで期待が膨らんでいるところです。次作以降、チャンスをうかがって必ずチャレンジしようと思っています(笑)。それから、今回の作品自体充実していて単独でも演じられるというのがわかる気がしました。
それにしても、あれほどいろいろな感情を違和感なく楽しませてくれて、しかも発せられる言葉一つ一つをとっても含蓄があって、ワーグナーは音楽だけでなしに多方面でキレる人だったんだろうなと思いました。4時間ものの3幕目ともなれば見ている方も多少疲れると思っていましたが、あの印象的な場面、脱帽しました。本当に次作が楽しみです(^^
Posted by stonez at 2007.08.27 23:37
クラシカルな某さん、ご無沙汰してすみません。残暑お見舞い申し上げます(^^
確かに、ライブとはいえ多少映像効果をつかっているように見えたりして、実際のオペラとまったく同じではないだろうなと思うところは多少ありました。そこが映像を手がけたブライアン・ラージによるものなのでしょうか。。ただそれだけに映像としては面白いものだったと思います。
ヒルデガルト・ベーレンス、私も印象的でした(^^ 若々しい役柄でありながらも、決して若くはないだろうなと思いましたが、十分に可愛らしく凛々しかったですね。せっかくこのMETのDVDで見始めたので、次作も引き続き楽しみたいと思っています。ありがとうございます!
Posted by stonez at 2007.08.27 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52846961

この記事へのトラックバック