巨星墜つ・・・パヴァロッティ死去

ルチアーノ・パヴァロッティ死去・・・前々から膵臓ガンのため体調が芳しくないことは聞いていましたが、なにせ、ついこの間のトリノオリンピックで「誰も寝てはならぬ」を颯爽と歌っていた姿が脳裏に焼き付いていましたから、さすがに驚きました。

私のように、オペラで活躍する彼を見たことがない人間でも、三大テノールでもひときわ存在感を放った巨人だったこと、キング・オブ・ハイCの名を欲しいままにしたことなどを知っているくらいです。あの圧倒的で張りのある歌声を聴くことがもうできないというのは寂しい思いです。

彼のベストアルバムから、レオンカヴァッロのオペラ「道化師」より「衣裳をつけろ」を聴いています。ここからは、最愛の妻に裏切られて絶望的な気分に沈むパリアッチョというよりも、悲嘆に暮れつつパワフルに主張するパヴァロッティ本人が浮かんできます。演じている役柄を超越してしまうような、強烈な個性と存在感を持った歌声はもう聞こえなくなってしまいました。合掌。

期待の新iPod発表に、猛威を振るう台風に、パヴァロッティの訃報に。
大きな出来事がいっぺんにやってきた一日だった。。。
posted by stonez | 2007.09.06 23:28 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - オペラ・声楽
この記事へのコメント
パヴァロッティ、亡くなりなしたね。膵臓ガンとはいえ、少し早い死かなと思いました。
あの高音は忘れがたいです。
僕はパヴァロッティの「イタリア民謡集」、「トゥーランドット」、そして「ラ・ボエーム」が大好きでした。
Posted by mozart1889 at 2007.09.07 03:37
mozart1889さん、コメントとTBをどうもありがとうございました。
やはりどうしても、トリノで歌っていたあの元気そうな姿が印象にありまして、早すぎる気がしてなりません。結局、順序が逆になってしまいますが、今後彼の録音や映像に触れる機会が出てくるかもしれません。TBいただいたラ・ボエーム、参考にさせていただきます。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2007.09.07 23:18
ほんとうに、iPod・台風・パヴァロッティと、いろんなことがいっぺんにやってきた日でしたよね・・・。もう。今年は人がよく死にます、わたし的に。
Posted by petite-tomo at 2007.09.08 21:26
ぷちともさん、コメントありがとうございます。
あの日から数日が経ってみて、あの日以外は平穏な日々でした。なんだか印象に残る不思議な日でしたね。ところで、今年はぷちともさんは大変でしたね。これから先は良いことばかりになりますように。そうそう、バイクはいいですよ(^^
Posted by stonez at 2007.09.09 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

〜パヴァロッティ追悼〜 プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」 カラヤン/ベルリン・フィル
Excerpt: テノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティが亡くなりました。 僕はパヴァロッティの、あまりよい聴き手ではありませんでしたが、何枚かレコード・CDを所持しています。そのうちのいくつかのイタリア歌劇で..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2007-09-07 03:29