ブラームス/ヴァイオリンとチェロのための協奏曲

先日、息子が扁桃腺を患いましたが、ついにそれが妻にも出てしまいました。それがようやく回復してきた折、またも息子が熱を出しヒヤリとしましたが、今のところ熱は引いて落ち着いています。ついでに私も一瞬寝込みました。健康のありがたさが身にしみます。

今日はブラームス作曲、ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 Op.102。演奏は独奏がギドン・クレーメル(ヴァイオリン)、ミッシャ・マイスキー(チェロ)、そしてレナード・バーンスタイン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団です。

もともとブラームスの第5番交響曲になる予定だった、という”いわく”つきの作品なだけあってオーケストラの充実ぶりはさすがという印象。それだけに、少しだけマニアックなこの編成になったのはもったいなかったのでは、と写りましたが。。。でもそこに至る経緯が興味深いです。

ブラームスが、古くからの親友だった名ヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒムの離婚問題で夫人の味方についたために、ヨアヒムとは絶交状態になってしまったものの、計画中の交響曲をヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲に変更し、ヨアヒムに助言を求め関係を回復した、というもの。

理由にもよりますが、だいたい親友夫婦がモメたとして、大抵は親友の肩を持つのがよくある話かなと思いますが、そこでわざわざ親友との関係を投げ打ってまで、しかも特別にこだわってきた交響曲のスタイルを崩してまで生き方に筋を通したところはさすがブラームスですね。シューマン亡き後のクララとの接し方にも通じるところがありそうです。

そんなブラームスらしさがにじみ出ているこの作品。2つの独奏楽器がオクターブで寄り添ったり、それぞれが追いかけっこをしたりと、まさに和解の協奏曲を感じさせますが、まずは交響曲らしい威厳と風格に満ちた第1楽章。牧歌的でブラームスならではの暖かさが感じられる第2楽章。リズミカルで充実した第3楽章。

バーンスタインらしいゆったりした構え、情熱的な表現をクレーメル、マイスキーもしっかり支えて聴き応え十分。そんな演奏です。
posted by stonez | 2007.09.11 00:44 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
この曲の第3楽章、大好きです。あの独特のリズムはよく頭の中で流れています(笑)。生演奏も去年の大フィル定期で聴きました。それが”いわく”つきの作品だったとは!勉強になりました。
Posted by diceky at 2007.09.11 02:38
これは懐かしい演奏ですね。
録音の1982年当時、バーンスタインは絶好調でした。そしてクールなクレーメルとホットなマイスキーの組み合わせが実に面白く、個性は異質なのに演奏としては息があったものになっていました。二重協奏曲というと、今もこの演奏を取り出したくなります。
Posted by mozart1889 at 2007.09.11 22:14
dicekyさん、コメントありがとうございます!
生演奏に接しておられるとは羨ましいです、重厚なオーケストラにヴァイオリンとチェロの掛け合い、きっと目で「見て」も楽しい作品なのでしょうね。この作品の由来は私も解説書を読むまで知りませんでした(^^ゞ
Posted by stonez at 2007.09.12 01:13
mozart1889さん、いつもありがとうございます!
この作品、この演奏の魅力をわかりやすく説明していただきありがとうございます! 思わずひざを打ってうなずいてしまいました。まったくその通りですね。こういう演奏が楽しめた当時が羨ましく思いますが、とにかくまた取りだして聴きたくなると思える1枚になりました。
Posted by stonez at 2007.09.12 01:19
こんにちは。私も生で聴きました(^。^)。
今から55年ほど前か、ウィーン交響楽団の初来日、50名ほどの小編成でしたが。
前半の2曲目がこの曲で、ソリストは多分楽員だったと思います。
なお、休憩の後は「イタリア」交響曲でした。
どうでもいいコメント、どうもすみません^_^;/。
Posted by at 2007.09.13 10:10
丘さん、いえいえコメント大変感謝です。ありがとうございます(^^
この作品、なかなかコンサートの演目でも見かけませんし、名門ウィーン交響楽団ですか、大変羨ましく思います。やはり独奏楽器たちの掛け合いが面白そうですね。とりあえずは別の演奏でも聴いてみたいところです。
Posted by stonez at 2007.09.14 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 クレーメル(Vn)マイスキー(Vc)
Excerpt: この秋、ブラームス作品をよく聴いています。 今日は、ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調作品102。 しょっちゅう聴く協奏曲ではないのだが、今日は久しぶりに取り出してみた。 懐かしい..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2007-09-11 22:06