ニールセン/交響曲 第1番

高校時代、公立の男子校に通っていましたが、男女共学校は一部を除いて実業高か遠くの私立高しかありません。それほど群馬は保守的(?)なところで、国政でいうといま総裁選をやっている政党しか選択肢がありません。ですが今回ばかりは同郷の福田さんに頑張ってもらいたいです。そういえば麻生さんのマンガ好きは有名ですが、福田さんのクラシック音楽好きはあまり知られてなさそうです。

さて、ここしばらくはニールセンを聴いています。ヘルベルト・ブロムシュテット指揮、サンフランシスコ交響楽団の全集盤ですが、その中から交響曲第1番 ト短調 Op.7です。

なんだか北欧作曲家ニールセンの交響曲への意気込みが伝わってくる、記念すべき第1番の交響曲。なんと第1楽章はアレグロ・オルゴリオーゾ(誇らしげに)という指示つきです。ブロムシュテットらしい重厚で統率のとれた一つ一つの響きがこの雰囲気に花を添えています。

そんなわけで第1楽章は雄弁にして快活で聴き応え十分です。つづいて、ホルン以外の金管が沈黙、そよ風のように美しい弦の音色が印象的な第2楽章。第3楽章は深い森の中をゆっくり分け入っていくような気分になる不思議な旋律。そしてアレグロ・コン・フォコの通り、火のように駆け抜けるフィナーレでした。

そういえば、福田さんが「ほうぼうから推薦の声をいただき・・・」と言ってましたが、その言い方に懐かしさを感じたのでした(笑)
posted by stonez | 2007.09.18 02:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
私の高校は女子生徒の方が多いくらいでした。
まあ数より・・・・(怒られます・・・笑)
昔の鹿児島は市電も男女別々に乗っていたそうです。これが女性専用車両の始まりとか(ウソ)。

この演奏でニールセンの4、5番を持っています。
ニールセンはかなりエキサイトしますよね。
Posted by よし at 2007.09.18 08:38
よしさん、いつもどうもありがとうございます。
羨ましい限りです、私は共学の高校に行きたかったのですが、とにかく多感な時期を同性のみの環境で過ごしました(笑)。市電のお話は目からウロコでした。
ニールセンは今年になってから聴くようになりましたが、なんともパワフルですね。ああ聴いたという実感が湧いてくる音楽です。音楽の秋にぴったりですね(^^
Posted by stonez at 2007.09.19 04:47
stonezさん、こんばんは。
僕も高校は男子校です。埼玉の、後年「ウォーターボーイズ」で有名になった高校です(笑)。
埼玉・群馬・栃木は男女別学が多かったですね。ですから、文化祭の時など近隣の女子校からの来客が多く、フォークダンスなどは最大の楽しみでありました・・・・という話は古かったですね・・・・(^^ゞ。

ニールセンの交響曲、ブロムシュテットでは、よしさんと同じく、4番・5番を持ってます。
Posted by mozart1889 at 2007.09.19 22:34
mozart1889さん、いつもコメントありがとうございます!
埼玉の・・・なるほどそうだったのですね(^^ゞ 私は引っ越す前、群馬に帰省するときなどご出身の高校のお近くのインターチェンジをよく利用していました。文化祭で思い出しましたが、私も近くの女子高の文化祭にわくわくしながら(笑)遊びに行ったのを思い出します。
ニールセンは、私も4番、5番から入りましたが、ついに全集盤に手を出してしまいました(^^ゞ
Posted by stonez at 2007.09.20 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55862471

この記事へのトラックバック