シベリウス/ヴァイオリン協奏曲

来週は群馬に帰省しますが、ちょうど私の母と祖父と祖母の誕生日が近いので、そのプレゼントを探しにデパートへ。

本屋さんに立ち寄ると、これがなかなかクラシック音楽関連の書籍が充実しています。あれこれと物色したかったのですが、まだじっとしていられない息子に気を取られるので、ゆっくり見られません。また今度。

今日はシベリウス作曲のヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47。ヴァイオリンは五嶋みどり、ズービン・メータ指揮、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で。

もともとヴァイオリニストになりたかったシベリウスが、こだわりにこだわって推敲を重ねて改訂したこの作品は、ヴァイオリンの技巧的なカッコ良さもさることながら、劇的な緊迫感をはらんだシンフォニックなところがまた魅力。20世紀に入ってからの作品ではあるものの、そのまま身をまかせられるほどメロディも魅力的です。

力が入っていて時間的にも巨大な第1楽章。4分割されたヴァイオリン群が描くほの暗い色彩を、切り裂くような独奏ヴァイオリンの堂々とした姿。ピンと張りつめていながらもしなやかで美しい五嶋みどりさんの音色がよく合っています。メータもそれにぴたりと合わせたダイナミックなオーケストラを聴かせます。第2楽章の穏やかさの中ににじむ物悲しさも、第3楽章のリズミカルな旋律、火の吹くようなヴァイオリンもまた素晴らしい演奏でした。
posted by stonez | 2007.09.30 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
シベリウスの協奏曲は大好きです。
3楽章の土俗的なリズムは興奮しますね。
坊ちゃんみるみる大きくなりますね。確かにじっとしていない雰囲気が一杯です(笑)。
Posted by よし at 2007.10.01 08:24
よしさん、いつもありがとうございます(^^
もう元気&イタズラいっぱいなんですが(笑)、このところ夜なかなか寝ついてくれなくて困ります。この辺は親に責任があるのかもしれませんね。。。
というわけでシベリウスのこの協奏曲、もっぱらお昼休みか電車の中で楽しんでいます。
Posted by stonez at 2007.10.02 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック