ドビュッシー/ベルガマスク組曲

1862年の今日、作曲家クロード・ドビュッシーが誕生しました。私の好きな音楽を多く遺した作曲家です。それまでショパンやリストなど、ロマン派のピアノ曲に慣れ親しんだ私にとって、メロディアスではない独特の旋律を始めとした、想像力を刺激されるような色彩的な音楽は目からうろこでした。

今日は、1890年に発表された彼の初期のピアノ作品で、4曲からなるピアノ組曲「ベルガマスク組曲」を、ゾルタン・コチシュのピアノで。「ベルガマスク」とは、ドビュッシーが訪れたイタリアのベルガモ地方の人や踊りという意味合いを持ちます。ただ、このタイトル自体と作品が決定的に結びついているわけではないようです。

1.前奏曲:鮮やかに光り輝く、明るい曲です。木漏れ日が少しずつ降り注いでくるような光景が目に浮かびます。そんなときのコチシュのピアノは鮮やかな大胆さで魅了しますが、繊細な輝きには薄い影が描かれていてリアルです。

2.メヌエット:前奏曲とは対照的に、くすんだ色合いがリズミカルな旋律の中に描き出されていきます。そんな規則的な中に陰影が繰り返しやってきて、全体的に立体感を感じさせてくれます。

3.月の光:神秘的に輝く月の光が印象的な、ドビュッシー初期の傑作ですね。テクニカルなスピード感が印象的なコチシュらしさは全く無く、驚くほどゆったりと歌い込まれ、やさしい月光が水面に揺らめきながら照らし出されているようです。

4.パスピエ:パスピエとは、元々フランス古来の3拍子の舞曲だそうですが、ここでは4拍子に変更されています。ノスタルジックな雰囲気に満たされた舞曲で、コチシュは躍動的な色彩で展開していきます。

コチシュのピアノは、素早さを感じさせない軽い身のこなしで一気に駆け上がり、その先にある風景を自然に映し出すような演奏を聴かせてくれますが、その反面「月の光」のように、そよ風にも気づかせてくれるような繊細さがあるのも、また魅力です。
posted by stonez | 2005.08.22 23:02 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 器楽曲
この記事へのコメント
ベルガマスク組曲は特に月の光が有名ですね。
ピアノ発表会なんかでもよく弾かれるみたいです。

20世紀の音楽の方向性を決めた偉大な作曲家ですが、学生時代は劣等生だったようですね。
それまでの音楽の常識が彼にはあてはまらず、独自の書法から印象派の音楽を確立していきました。静かな曲が多いような印象が・・・。
確か8分の9拍子だったと思うのですが、よくこんな変拍子で曲が作れるなぁ〜と。。。
いやいや美しい曲です。
癒されます。ついでに言うと子守唄代わりに聴いても効果バッチリです(笑
Posted by NAKAMA at 2005.08.23 08:26
NAKAMAさん、どうもありがとうございます!
ドビュッシーが劣等性だったというお話面白いですね。おっしゃる通り、独特で静かなところに私は惹かれます。拍子も変わってますよね(^^ゞ
時々、思い出したかのようにドビュッシーが聴きたくなりますが、子守唄のような優しさとか、他にはないものを聴く快感を求めているのかもしれませんね。
Posted by stonez at 2005.08.23 12:31
僕もドビュッシー大好きです。先日、FMを聴きながら夜、洗濯をしていたらラジオから月の光が流れてきました。もちろん今までも何度も聴いてよく知っている曲ですが、夜空を見上げながら不意に聴いた月の光は格別。思わず聴き入ってしまいました。
Posted by リベラ33 at 2005.08.24 21:54
ドビュッシーは苦手科目なのですが、ピアノ曲のいくつか、特に「月の光」はもう理屈抜きに大好きです。このピアノの繊細さ。旋律の美しさ。最高です。
テンポは遅めの演奏の方が、雰囲気が良く出て好きです。今度、是非コチシュ盤を聴いてみたいと思います。
Posted by mozart1889 at 2005.08.25 11:04
リベラ33さん、ありがとうございます。
いいですね、FMラジオ!私はクラシックを聴くようになったのはFMから流れてくるいろいろなタイプのクラシック音楽に興味がもてたからなんです(^^ゞ 夜空を見ながらの月の光は、さぞかし美しかったことでしょうね。この聴き方、さっそく今度やってみたいと思いました!
Posted by stonez at 2005.08.25 12:17
mozart1889さん、ありがとうございます。
私は、中期(後期?)からのドビュッシーの曲などは、曖昧な旋律が多くてとっつきにくい印象があります(^^ゞ でも、こういったピアノの小品はいいですよね。繊細な音を表現するには、やはりシンプルにピアノの音色の方が体に入ってきやすいような気がします。
Posted by stonez at 2005.08.25 12:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6137422

この記事へのトラックバック

ドビュッシー作曲、アラベスク第1番
Excerpt:  朝は、大桟橋に。仕事の指示をして、鎌倉腰越。昨日の指示通りのできているかどうかの確認と、明日までの指示。その後にまた大桟橋。午後は請求書の査定決済。その後に山手H邸と大桟橋で昨日の別件の話し合い。 ..
Weblog: yurikamomeの日記と無手勝流思いこみ音楽ブログ
Tracked: 2005-08-23 09:17