ラヴェル/ピアノ協奏曲

今日は晴れ間の覗くいいお天気でした。まだ8月ですが、ひところの猛暑は落ち着き、日中でも随分と過ごしやすくなったものです。夜などは、半袖で外に出ると少し涼しいくらいです。こうしていよいよ、秋の夜長を満喫できる時期がやってまいりますね。

少し早いですが、こんな快適で過ごしやすい夜のひと時に聴きたい、ラヴェルのピアノ協奏曲を。ピアノは、ハンガリーの鬼才ゾルタン・コチシュ。指揮はイバン・フィッシャー、ブダペスト祝祭管弦楽団です。

ラヴェルの最晩年に作曲された、このピアノ協奏曲はとにかく独創的。ムチの「バシッ」という音に始まり、まるで祭ばやしのようなピッコロをはじめとした軽快で楽しいメロディや、JAZZを思わせるピアノの第1楽章。そして、小太鼓のロールや速いピアノを軸に目まぐるしく楽器が入れ替わり演奏される、まるでサーカスを見ているかのような終楽章。

そんな、軽妙な両楽章に挟み込まれた第2楽章は、全く対照的。まるで夜のとばりが降りたあと、煌々と照らし出される澄みきった秋の月。そして、そこを吹き抜ける穏やかなそよ風を感じながら、ゆっくり過ぎてゆく時間は、秋の風情をたたえています。ふと、こんな句を思い出しました。

秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ

左京大夫顕輔(小倉 百人一首より)

コチシュのピアノは、なんといっても高度で鮮やかなテクニックがいいです。第1楽章のJAZZっぽい旋律は非常に難解そうですが、いとも簡単にサラっと弾いているかと思えば、第3楽章などは息もつかさず駆け上がったりしてワクワクさせてくれます。でも、対照的に優美な第2楽章は、子守歌のような自然さとやわらかさで歌いあげてくれます。ドビュッシーを奏でる時の、色彩豊かな演奏とはまた一味違った新鮮さです。懐の深さを感じさせてくれます。

ちなみに、オーディオの音量が大きいままこの曲を再生すると、冒頭のムチの音にびっくりして心臓に悪いので気をつけましょう(笑)

リンクです。おさかな♪さんによる小劇場は秀逸だと思います。
おさかな♪の音楽日記/ラヴェルのピアノコンチェルト(G-dur)
posted by stonez | 2005.08.29 22:51 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
この曲大好きです。特に知的で繊細な二楽章は最高!いつまでもこういうロマンを持っていたいと思います。
Posted by リベラ33 at 2005.08.30 11:28
stonezさん
ありがとう・・・f(^-^*)
>もれ出づる月の 影のさやけさ・・・
先日とても綺麗な月を見ました。
秋の名月が楽しみです♪
Posted by おさかな♪ at 2005.08.30 21:15
リベラ33さん、どうもありがとうございます。
本当に第2楽章いいですよね。この曲だけ独立してもいいような味わいといいますか、存在感があると思います。それにしても、ラヴェルはロマンからJAZZまで凄い守備範囲です。
Posted by stonez at 2005.08.31 01:19
おさかな♪さん、どうもありがとうございます!
第2楽章を聴くと、やっぱり「私はピアノ〜♪」というのがしっくりきますね。クラシックに短歌なんて引用してきてちょっとお恥ずかしいです〜(^^ゞ
もうすぐ十五夜、きれいな月を見たらまたこの曲が聴きたくなるかもしれません・・・
Posted by stonez at 2005.08.31 01:24
こんばんは。
コチシュの演奏是非聴きたいです。I・フィッシャーとの相性もきっと素晴らしいだろうなあ。
ラヴェルのコンチェルト、私も大好きなんです。この曲は名人がリラックスして弾くと、まさに仰るとおりジャズのノリになりますよね。私が聴いた中で印象に残っているのは、アルゲリッチの来日公演をかぶりつきの席で聴いた(見た)ときです。あのテンペラメントは凄かった。勝手気ままに弾いているようで、弾いた後に自動的に道が出来ているという感じでした。
あとかなわぬ夢ですが、できればグルダの演奏を一度聴いてみたかったです。
Posted by romani at 2005.08.31 20:24
romaniさん、どうもありがとうございます。
確かに、相性はとてもいいと思います(^^ゞ 溌剌とした生気のある両端楽章に、美しく歌い切る第2楽章がそれを物語っている気がします。それから、なるほどと思いましたが、アルゲリッチさんの演奏是非聴いてみたいですね、第1楽章などはまさに、彼女の持ち味が最高に生かされていそうな予感がしますし、「自動的に道が出来ている」というところで、よりイメージが湧きました!そういえば、グルダさんはJAZZも弾かれていましたよね。私も興味のある演奏家さんです。
Posted by stonez at 2005.09.01 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6360897

この記事へのトラックバック

ラヴェル作曲、ピアノ協奏曲
Excerpt:  今日は、ラヴェル作曲、ピアノ協奏曲。アンドレ・クリュイタンス指揮、パリ音楽院管弦楽団とサンソン・フランソワのピアノ。  冒頭の一撃はパーティーのクラッカー!!。シャンパン・グラスも飛び交い、ジャズ..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞と日記
Tracked: 2005-11-27 23:54