マーラー/交響曲 第9番

元上司でもある職場の大先輩より、使い込まれた名機を譲り受けまして、晴れて一眼デビューを果たしました。とは言いながらまずはカメラのいじり方だとか、交換レンズの種類だとか、あんなことや、こんなこと。もう仕事を休みたくなるのが困ったところです(笑)

またまた更新が滞っておりますが、ここ数日は大曲をじっくり聴いてました。マーラーの最後の交響曲、第9番 ニ長調。じっくりといっても使えるのは通勤時間なので、行きの電車で第1楽章と第2楽章を、帰りに残る第3楽章と第4楽章を楽しむ、という感じですね。演奏はガリー・ベルティーニ指揮、ケルン放送交響楽団です。

なんというか、まだマーラーは全てを聴き尽くしていないのでわかりませんけど、この第9番は彼の他の交響曲と違った、諦観の境地というか、寄せては返す波のような激動の生涯をふり返って、微笑みながら穏やかに天国に召されていく様子とか、そんなことを思い浮かべながら聴いてました。ベートーヴェンから続く例の第九のジンクスをひどく気にしていた、というエピソードって本当だったのかと疑いたくなるほど吹っ切れたすがすがしさでした。

日本にも縁の深かったベルティーニ、残念ながら私は聴く機会がありませんでしたが、この録音を聴いてやっぱり残念だったなと思いました。こっちまで震えるような迫力の第1楽章に、飄々としつつも美しい第2楽章や第3楽章。そして第4楽章のあの儚さとあたたかさ。電車の中でも静寂にしてくれるような美しさでした。適度な残響、そして広がりのある音場が感じられる録音も私好みです。
posted by stonez | 2007.11.07 00:42 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
マーラー/交響曲第9番ですか。
長らく聴いていませんが、stonezさんのレビューを拝読して聴きたくなってきました。日曜の朝、落ち着いた時にでも聴きましょう。
何せ、私のようなマニアではなくて、ファンに属する人間には、少々苦手な音楽ですから。
でも第4楽章は、凄い!と思います。
TBさせて頂きましたが、今のところ反映していないようです。駄目だったら再度試みます。
Posted by アスカパパ at 2007.11.07 08:52
ご無沙汰しています。私は6番以降は苦手なのですが、9番はましな方です。
バルビローリ/ベルリン・フィルやワルター/
ウィン・フィルも音は悪いですが、たまに聴きます。
Posted by at 2007.11.07 09:14
アスカパパさん、こちらこそご無沙汰してすみません、
コメント&TBありがとうございます!
息子優先でなかなか家でじっくり聴くというわけにいかず、しかも私も日ごろなかなか手が出ない分野ではあるのですが、たまにどっぷり浸かってみるのも新鮮ですね。年末にベートーヴェンの第九も素敵ですが、これを聴いて静かに一年を振り返る、というのもまた一興かなと思う今日この頃です(^^
Posted by stonez at 2007.11.07 22:52
丘さん、こちらこそご無沙汰してすみません。
コメントをありがとうございます(^^
私も6番以降といいますと、せいぜいあの千人の交響曲こと8番を聴いたくらいでしたが、この作品の特に第4楽章などは穏やかで聴きやすいですね。バルビローリ盤はあちこちで評価が高いようで、機会があったらぜひ聴いてみたいと思っています。
Posted by stonez at 2007.11.07 22:59
9番は本当に引き込まれますよね。。。
最近は10番にもはまっています♪
Posted by おさかな♪ at 2007.11.08 03:00
D-20・・・いいですねぇ(憧)。
EFレンズは持っているのでボディさえあれば、です。
マーラーの9番はカラヤン、バーンスタインなどありますが体力を使うので最近聴いてません(笑)。
昔聴いていたら4楽章で放送部だった息子が、テープが逆に回っているみたい、と言いました・・・
Posted by よし at 2007.11.08 08:28
おさかな♪さん、コメントありがとうございます!
例の幻となった第10番ですね、私も聴いてみたいです。まあでもそれまでの交響曲をまだじっくり聴き終わってないんですけどね(笑)。マーラーもどっぷり浸かって聴き始めると面白いなと思いました。
Posted by stonez at 2007.11.09 00:09
よしさん、コメントありがとうございます!
カメラを手にしたはいいのですが、まだまともな写真が撮れていないんです(笑)。まずは週末が待ち遠しいところです。EFレンズをお持ちなのですね、私もお気に入りの一本を探しているところですが、なにしろ高価ですね(汗)
ところで、コメントを拝見して第4楽章を聴きなおしていますが、面白いですね。ゆっくり穏やかで、逆回しのような雰囲気を感じるところはありますね(^^
Posted by stonez at 2007.11.09 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

マーラー/交響曲第9番
Excerpt: この曲は、晩年病身であったマーラーが、先輩のベートーヴェン、シューベルト、ブルックナーなどが、それぞれ第9シンフォニーを創った後で他界した事実に心を痛め、死との対決を覚悟して書き上げたと云われている。..
Weblog: アスカ・スタジオ
Tracked: 2007-11-07 08:42