ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団 日本&クロアチア国際交流コンサート

昨日は妻の大学時代の恩師であるピアニスト、三谷 温(みたに おん)さんがソリストを務められるコンサートがありました。三谷さんは2003年に文化庁から文化交流使に任命され、クロアチアで芸術交流を深める活動をされたそうですが、今回の国際交流コンサートはこうした活動が生んだ成果の一つだと思います。ということで、何と言っても三谷先生の「皇帝」が聴けるとあって、喜んで行ってきました!

<日時・場所>
 2005年9月16日
 東京オペラシティコンサートホール

<演奏>
 指揮:ヨハネス・ヴィルトナー
 ピアノ:三谷 温
 ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団

<曲目>
 ヴェルディ/歌劇「運命の力」序曲
→ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲 に変更
 ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調op.73「皇帝」
 [アンコール]ベートーヴェン/ピアノソナタ 第8番「悲愴」第2楽章
 [アンコール]シューマン/トロイメライ

 チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調op.74「悲愴」
 [アンコール]ブラームス/ハンガリー舞曲 第5番
 [アンコール]イヴァン・ザイン/
  オペラ「ニコラシュビッチ・ズリーンシキー」より「ウボイ」
  (共演:六本木男声合唱団)


まずは「国際交流」を印象づける、クロアチアと日本の国歌の演奏。クロアチア国歌の素晴らしい力強さはもとより、スネアや木管の効いた迫力の君が代にも鳥肌です。奏者は半分以上が女性で色とりどりの頭髪。金銀赤茶灰黒・・・目にも新鮮です。そして、ヴェルディ ウェーバーを聴くなり感じたのが、このオーケストラの放つダイナミックレンジの広さ。木造りのホールの音響特性を差し引いたとしても凄いものがあります。指揮者のヴィルトナーさんは熱血漢。顔を真っ赤にして、大胆な身振りとジャンプ!でぐいぐいオケをリードしていきます。

続いていよいよ三谷先生の登場。かたずを飲んで見守る中での「皇帝」のピアノの華麗なパッセージ!オケの迫力を前にしても色あせない存在感。かと思えば、優しく繊細に歌いこまれる緩徐楽章。最後は軽快なテンポに乗ってオケと丁々発止の掛け合いが繰り広げられ、ホールを興奮の渦に巻き込んでいきました。盛大な歓声と指揮者の後押しで、アンコールの「悲愴」。全てが一つになり歌われていく静かな時間。その後またまた指揮者ヴィルトナーさんが三谷先生をイスまで連れていって(笑)さらにトロイメライまで聴けることに!弾き終わった後に「もうここまで」とピアノのフタを閉じて笑みを誘う三谷先生のパフォーマンスつき(笑)この指揮者、うまいなぁ...

休憩を挟んでチャイコの悲愴。悲しさ漂う弱音から、天井を突き抜けるような盛り上がりまでの迫力の凄い事!しかも、ヴィルトナーさんが興奮のあまり飛び跳ねながらドラマチックに第3楽章を終わらせてしまった為に、大拍手が起きてしまいまうハプニング(笑)仕切り直しての終楽章は悲しみのなかにも優美さが漂っていました。

大歓声に応えた、重厚なハンガリー舞曲のアンコールの後、もうびっしょり(笑)の指揮者ヴィルトナーさんのご挨拶です。英語・日本語(?)による感謝と「ヒデヨシ・ヤマノテ」という言葉。は?と思っていると、やにわにコンマスのヴァイオリンをとり、弾き始めたのはなんとJR山手線の発車メロディ。確かにあのメロディはインパクトあるかもなぁ、海外の音楽家にはなぁ、と意外な国際交流に妙に納得。

最後のアンコールは、六本木男声合唱団が加わり「ウボイ」の大演奏!ウボイは、オスマン・トルコとの決死の戦いに挑むクロアチア戦士たちの様子を歌ったオペラ曲で、サッカーのワールドカップでも応援団に歌われたとか。これを日本の男声合唱とクロアチア伝統のオーケストラが見事な交流を果たし、大満足のうちに幕を閉じました。

長くなってしまいましたが、友好的で楽しさ一杯のコンサートでした。指揮者ヴィルトナーさんにしてやられた感もなくはないですが(笑)もう、お見事!クロアチアにも強い興味を抱くきっかけになりそうです。また、三谷先生には公演終了後にご挨拶させて頂きましたが、多くの後輩達の尊敬を集める、気さくで心優しい人柄。感動しました。先生の素晴らしいご活躍とこの機会に感謝したいと思います。

<追記>
kohkouさん、変更された1曲目お教え頂きありがとうございました!
posted by stonez | 2005.09.17 03:59 | Comment(8) | TrackBack(3) | 音楽 - コンサート
この記事へのコメント
stonezさん
おはようございま〜す。
素晴らしいプログラム&演奏ですね!
悲愴の生演奏が聴けたなんて羨ましい〜♪
「皇帝」の最初ってとっても爽やかだし、第2楽章は優しい一面を垣間見るような感じで大好きです。
>「もうここまで」とピアノのフタを閉じて笑みを誘う三谷先生・・・
あっはははは♪
Mrs.Stonezさんの面白い視点もあったのでは・・・?と勝手に想像しております☆
Posted by おさかな♪ at 2005.09.17 10:19
おさかな♪さん、いつもどうもです〜!
初めてのナマの悲愴感動しました。チャイコはホントいいメロディをたくさん書きますよねぇ...あの曲、いかに4楽章の終わりまで拍手させないか重要なのかな、って思ってしまいました(笑)
皇帝もそうでしたが、やはり生演奏っていいですね。奏者の表情、指揮者の身振り、ソリストの存在感。一応おとなしく聴いているだけではあるんですけど、なんだか自分が参加している気持ちになってしまうという不思議な感じがしますね。コンサートに行くたびにそう感じます。ところで、妻は皇帝の第2楽章のあたりで泣いてたようです(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.09.18 00:24
おはようございます。
素敵なコンサートだったんですね。
ザグレブフィルのことは、昔大野和士さんがシェフになったときに日経の文化欄でその経緯とか状況を書いていたので記憶に残っていました。
どうしても戦争と切り離せないオケですが、マタチッチとか素晴らしいマエストロが振っていますよね。このマタチッチが振った演奏を昔エントリーしていましたので、TBさせてください。
また、アンコールで悲愴の2楽章というのも珍しいですが、次のチャイコフスキーと関連付けがあるんでしょうね。とてもフィットする気がします。


Posted by romani at 2005.09.18 10:06
ザグレブフィル来日公演、9月11日の京都公演に行ってきました。

>指揮者のヴィルトナーさんは熱血漢。顔を真っ赤にして、大胆な身振りとジャンプ!でぐいぐいオケをリードしていきます。

こちらもヴィルドナーさんが指揮者だったので様子が目に浮かびます。うんうん。

>弾き終わった後に「もうここまで」とピアノのフタを閉じて笑みを誘う三谷先生のパフォーマンスつき(笑)この指揮者、うまいなぁ...

京都ではピアニストが座ってた椅子を胸元からおもむろに取り出したハンカチでささっと拭く、というパフォーマンスでした。(^-^*)

>ヴィルトナーさんが興奮のあまり飛び跳ねながらドラマチックに第3楽章を終わらせてしまった為に、大拍手が起きてしまいまうハプニング(笑)仕切り直しての終楽章は悲しみのなかにも優美さが漂っていました。

去年の11月にあったロジャー・ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送響:ベートーベンの「運命」(ザ・シンフォニーホール)でも同じことがおこってました。第一楽章が終わって、ノリントンが勢いあまって客席の方へ「どうだ!」とばかり振り向いたので、、、拍手せざるを得ない感じ・・・(苦笑)今回のザグレブフィルの演奏会にも似た雰囲気がありましたね。

京都ではアンコールのハンガリー舞曲のときに手拍子まで巻き起こってました。聴いててすっきりする指揮者&オケでしたね♪

長くなってしましました。。ああでも、ホントよかったです!


Posted by うじやま at 2005.09.18 17:03
romaniさん、こめんと&TBどうもありがとうございます!
確かにクロアチア、ザグレブと聞くとまず思い浮かぶのはあのユーゴ紛争ですよね。最近までそんな大変な状況下にあった彼らを支えた誇りが、サッカーW杯のクロアチア代表だったり、このザグレブフィルなのかなと思います。彼らの自信に満ちた表情や演奏を見てそう思いました。
マタチッチさんは私が高校生の時から知っている名前なので、ずいぶん実力を持った指揮者さんだったのでしょうね。TBして頂いた記事を拝見しましたが、是非一度聴いてみたいです。先日のコンサートに行った時に、大野和士さんが指揮したチャイコの悲愴のCDが販売されていたのですが買ってくれば良かったと少し後悔しています(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.09.18 22:39
うじやまさん、はじめまして!
コメントとTB頂きましてどうもありがとうございます。また、うじやまさんのブログを拝見させて頂きましたが、とても読みやすく面白かったです(^^ 私が先日行ったコンサートで抱いた感想と全く同じだ!と思いました(笑)やっぱりあの指揮者さん、エンターティナーですよね。
そうそう、ハンガリー舞曲の手拍子、先日のコンサートもそうでした(笑)いろいろと、話題がたくさんありましたが印象に残る素晴らしいコンサートだったと思います。私もTBさせて頂きますね。
Posted by stonez at 2005.09.18 23:01
stonezさんはじめまして。
オペラシティのザクレブフィル、近くに座っていたらしいkohkouです(笑)
拝見させていただきましたが素敵なサイトですね。クラシックのお話、とっても参考になります。
Posted by kohkou at 2005.09.19 20:40
kohkouさん、コメントとTB頂きましてどうもありがとうございます!素晴らしい時間を共有したんですね。ところで、私は素人なので意味不明な記述とか(笑)あると思いますが、まあのんびりとやっておりますので、どうぞよろしくお願い致します。私も遊びに行かせて頂きますね!
Posted by stonez at 2005.09.20 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7006036

この記事へのトラックバック

マタチッチ&ザクレブフィルの「ワーグナーライブ」
Excerpt: 18日(水)の日帰り出張に続いて、19日(木)から20日(金)にかけて別の用件で再び大阪に出張。 今週はとにかく目が回るような一週間でした。 20日は、夜知人と会食をしたあと久しぶりに実家に泊めてもら..
Weblog: ETUDE
Tracked: 2005-09-18 10:07

ザグレブフィル
Excerpt: 日曜はクロアチアはザグレブフィルの演奏を聴きに京都コンサートホールへ。 金曜のお昼に会社からメールチェックしてたらe+からS席半額のお知らせが!! 即買い当然、夜露死苦!って感じです。 プログラム..
Weblog: うじやま
Tracked: 2005-09-18 16:40

ザクレブ・フィルハーモニー管弦楽団
Excerpt: 仕事関係の方から、ザクレブ・フィルハーモニー管弦楽団の公演のチケットをいただき、昨日東京オペラシティに聴きに行きました。 曲目は、  ・ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲  
Weblog: ホンノシアワセ
Tracked: 2005-09-19 20:26