シベリウス/交響曲 第5番

mosaic mallなんだか実感は少ないですが、いよいよ年越しの瞬間が迫ってきました。ふり返ってみると今年は公私共に慌ただしく、ほとんどコンサートに行けないのが残念でしたが、いろいろと面白い音楽に触れることはできたかなと思います。また来年もまあボチボチ元気にやっていければと思います。写真は横浜・センター北のデパートから。

今年のエントリーは、今年没後50年をむかえたシベリウスで締めくくりたいと思います。交響曲第5番 変ホ長調 Op.82。サー・ジョン・バルビローリ指揮、ハレ管弦楽団の演奏で。

北欧の大自然そのもの、そんな印象を持つのに十分です。厳しい冬の大地がやがて目覚め、春を迎えるときの感動を伝えてくれる第1楽章。そして訪れた春の空の下、大地がゆっくりと穏やかに息を吹き返していくような第2楽章。第3楽章は、ピンと張りつめた空にやがてオーロラが出てくる、あのテレビ映像を思い浮かべたり、雄大な森と湖を思い浮かべたりしながら、あの和音の6連打で爽快に締めくくられるのです。

あれこれ触手を伸ばして色々な演奏に触れつつ、やっぱり最後はバルビローリに帰ってくるのかなあと。音楽からあふれ出てくる愛情とあたたかさは、感動的な場面を迎えるたびにさらに大きくなって押し寄せてきます。

さてこれから群馬、栃木の実家巡りが始まります。では皆様よいお年を!
posted by stonez | 2007.12.31 01:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
stonez様 こんばんは
今年一年、コメントどうもありがとうございました。写真のお話、楽しみが増えました。。。それと今回のバルビローリのシベリウス、以前から気になっていながら、手を出してません。あらためて聴いてみたいと。。。
 もうひとつ、ストロボ、いいですね〜。お子様のお写真に、活躍中という感じで。。。またいろいろと教えて下さいね。来年も、よろしくお願いします。
stonez様、ご家族の皆様、良いお年を〜。
Posted by みー太 at 2007.12.31 21:33
みー太さま、コメントのお返事が年をまたいでしまい失礼いたしたした、ということで今年もよろしくお願い申し上げます。

こちらこそ、デジイチ初心者ですので、みー太さまのお写真を拝見しつつ成長していければと思います。レンズやストロボなど(また物欲が・笑)キャノン共通のお話ができるのも嬉しいですね(^^)

バルビローリの録音、音質やオーケストラのクオリティでは他に譲る部分もあるかもしれませんが、それを超越しているところがまた魅力的ですね。
Posted by stonez@携帯 at 2008.01.01 03:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック