ベートーヴェン/交響曲 第2番

New year's rice cake無事に実家から帰ってきたのも束の間、息子と私は風邪でダウンしました。まあ、おみくじひいたら小吉でしたからね。でも出だしは悪くとも、ゆっくり着実に上向いていければいいです。なにより健康は一番です。写真は栃木の益子焼の店先に飾られていた正月餅。

今年は帝王カラヤンと浪速のマエストロ朝比奈隆が揃って生誕100年を迎えたということで、まず今年最初はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のDVDからいってみましょう。曲はベートーヴェン作曲、交響曲第2番 ニ長調 op.36です。

指揮姿も芸術の一部である、といわんばかりの匂いたつダンディズムと、他の演奏者たちを全てピンボケにしてしまう圧倒的なカリスマ性(実際オケの人たちがぼやけていて判りづらい・笑)が伺い知れる映像ですね。ちょっと偏ったアングルの撮影なので飽きがこないわけではないですが、演奏の方は明快にして実になめらかで聴きやすいです。これぞ流線型の美学。

ベートーヴェンの交響曲第2番、演奏される機会は本当に少ないですが、飽きのこない良い作品だと思っています。私のiPodではよく流れています。若さ溢れるエネルギーと馴染みやすいメロディの第1楽章。そして、その旋律の美しさで有名な第2楽章ラルゲット。ベートーヴェンが初めてスケルツォを用いた第3楽章は堂々としていて典雅。第4楽章は元気いっぱいにハッピーエンドです。
posted by stonez | 2008.01.07 00:53 | Comment(9) | TrackBack(4) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
ベートーヴェンの第2交響曲、イイですね。大好きなんです。若々しくて溌剌として、覇気に富んでいて・・・。
ベートーヴェンの青春が聞こえてくるような気がします。名曲やなぁと思います。
Posted by mozart1889 at 2008.01.07 08:22
stonezさん、スミマセン。
TB3つも行ってしまいました・・・(^^ゞ
Posted by mozart1889 at 2008.01.07 08:23
そうですね、私も好きな交響曲。新春にふさわしい気もします。ワルター/コロンビア響を主に
聴いてきました。
Posted by at 2008.01.07 16:26
mozart1889さん、コメントと貴重なTBをありがとうございました(^^
タイプの異なる名演奏の数々、とても参考になります。クリュイタンスの演奏などは、ぜひ一度聴いてみたいものです。本当にこの作品、旋律の美しさと堂々としたベートーヴェンらしさのバランスの取れた名曲ですよね。
Posted by stonez at 2008.01.08 01:58
丘さん、コメントをありがとうございました!
ワルター/コロンビア響のベートーヴェンですと8番で親しんでいますが、この時代にしては意外にも音質が良く、あたたかい演奏ですね。きっと、この第2番も素晴らしいのでしょう。聴いてみたいものです(^^
Posted by stonez at 2008.01.08 02:03
私もベト様の2番は若々しくて好きです。
カラヤンのDVD欲しいのですがメンバーがあまり映っていないのが残念ですね。NHKでのジルベスターの映像はさすがに公平でした(笑)。梅がきれいですね。家の近くに咲き出しました。春の兆しですね。
Posted by よし at 2008.01.08 08:14
よしさん、今年もどうぞ宜しくお願いします(^^
梅の季節、また写真撮り甲斐がありますね。カラヤンのこのシリーズのDVDは比較的求めやすいですが、この特殊な(笑)アングルの映像が気になりますよね。私が見たものでは1987年のVPOニューイヤーが良かったです。BSのジルベスター見てみたいですね、代わりと言ってはなんですがテレビ東京系列のジルベスターは楽しめました。
Posted by stonez at 2008.01.09 00:01
stonezさん、遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
本年は、カラヤンと朝比奈隆の生誕100年ですか。知りませんでした。ご紹介ありがとうございます。二人の盤の意識づけが出来ました。

今年の聴き初めは、「カラヤン/ベートーヴェン/交響曲 第2番」でしたか。DVDはCDとはまた違った受け止め方が出来るので、それもまた良しですね。

TBさせて頂こうと、2回、試みましたが、反映されないようですので、私のニックネームにリンクさせて頂きました。もしよければご覧ください。また、もし後ほど反映した場合は、ダブっている可能性もあるので、お手数ながら、削除をお願いします。
ヨッフム/アムステルダム.コンセルトヘボウ盤で聴いた際の感想です。
Posted by アスカパパ at 2008.01.10 11:59
アスカパパさん、こちらこそ遅くなってしまいました(^^ゞ
明けましておめでとうございます、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
さっそくTBの件でご迷惑をおかけしてすみません、反映に時間がかかるのかもしれませんがしっかり届きました。

私も今年の生誕記念は元旦の新聞で知ったのですが、この対照的な両巨匠の演奏に改めて触れてみるのも面白いですよね。DVDはこのところ比較的安価なものも見かけるようになり、興味の幅が広がった気がしています(^^
Posted by stonez at 2008.01.11 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ベートーヴェンの交響曲第2番 ニ長調 作品36 バーンスタイン/ウィーン・フィル
Excerpt: 休日はのんびりとLPを取り出します。 平日は忙しくて、なかなかそういう気分になれませんが、せめて休日くらいはゆっくりしたいもんです。朝7時に家を出て、帰宅は8時。通勤は往復1時間なので、労働時間はほ..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2008-01-07 08:15

アバド/ウィーン・フィルのベートーヴェン 交響曲第2番ニ長調
Excerpt: Doblogのメンテナンスは、予告の時間通り終了。 少し軽くなったような気がします。 他のブログに比べて機能は少ないようですが、サクサク閲覧できるのはエエことです。 この調子で、軽いブログであっ..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2008-01-07 08:16

ベートーヴェンの交響曲第2番 ニ長調 クリュイタンス/ベルリン・フィル
Excerpt: 朝ジョグをしていると、終盤で四国山脈の上空が赤紫色に染まってきます。 これはホンマに美しい。一年で夜明けが一番綺麗な時です。 その昔、清少納言はよくぞ「春は曙」と云ったもんです。 さて、今日..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2008-01-07 08:16

ベートーヴェン交響曲第2番
Excerpt: この曲は、交響曲第1番の2年ほど後に発表されたという。確か、ベートーヴェンが遺書を書いた年である。 ところが第1楽章が演奏されるや、その実に明るい旋律に驚く。その裏には、音楽に命を賭ける、悟りを開き..
Weblog: アスカ・スタジオ
Tracked: 2008-01-10 11:31