ロドリーゴ/アランフェス協奏曲

このところ、秋らしいブラームスの奥深さを堪能していますが、こちらもこの季節に聴きたくなる音楽の一つ。ギター協奏曲の代表的な存在、スペインのロドリーゴ作曲 アランフェス協奏曲です。

アランフェスとはスペイン中部地方の町の名前で、ロドリーゴはそこにある美しい庭園をもったスペイン王室の離宮を想像して作曲したといわれています。

演奏は、ナルシソ・イエペスのギター独奏、ガルシア・ナバロ指揮/フィルハーモニア管弦楽団。私にとっては、クラシックギタリストといえばイエペスでした。あの独特の10弦ギターの印象が強く残っていますし、日本との関わりも強かった方です。

第1楽章は快活な舞曲風。陽気で明るいギターの序奏で始まり、朝の鮮やかな青空を感じさせてくれます。最初からイエペスの味わい深いギターが鮮烈です。

第2楽章は夕焼けの中の荒涼感。神への祈りが込められた、哀愁漂う旋律がゆっくりと歌いこまれます。体に染みわたるイエペスの美しい音色。またカデンツァでの、情熱的な響きから感じられる緊張感が忘れられません。

終楽章はギターの技巧を楽しめるリズミカルな舞曲風。主題が変化しながら、オケとの相性のよさを楽しませてくれます。

ところで、この協奏曲が作曲された当時(1939年)のスペインは、国土を荒廃させる不幸な内戦が終結し、過酷なフランコ独裁政権が成立した頃です。しかしこの音楽から感じられるのは、鮮やかな原色の色彩に満ちたスペインの魅力そのもの。

同じく独裁体制のもとで、その政治的背景をピリピリ感じさせてくれる、ショスタコーヴィチら旧ソ連の作曲家の音楽とは対照的に思えます。
posted by stonez | 2005.10.18 15:50 | Comment(10) | TrackBack(4) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
こんにちは。トラックバックをありがとうございました。私、CDではジョン・ウィリアムス(Guit.)、ルイ・フレモー指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏で親しんでいます。実演では、この二月に、地元の山響で聞いたばかり。ギターの音色と小規模オーケストラの競演は、よく合いますね。
Posted by narkejp at 2005.10.18 20:46
narkejpさん、コメントとTB頂きましてありがとうございます!
この曲の生演奏を楽しまれたとのこと、羨ましいです。ギターの繊細な音色と、それを引き立てる各楽器が見事な音色を響かせたことでしょうね。山形交響楽団の演奏、聴いてみたいですね。村治佳織さんのギターも是非聴いてみたいです。
Posted by stonez at 2005.10.19 00:00
こんばんは。
イエペスのアランフェス、ほんと素敵ですよねぇ。
イエペスは独学でギターを学んでいたのですが、この曲でまさにセンセーショナルなデビューを飾ったといっても過言ではないと思います。あのセゴビアは経緯があってついにこの名曲を一度も弾くことがなかったわけですが、イエペスは3〜4回この曲を録音しています。もし機会があれば古い録音ですが、夭折の名指揮者アルヘンタと組んだ録音も是非聴いてみてください。
少し違った「イエペスの芸」が聴けますよ。
Posted by romani at 2005.10.19 23:40
romaniさん、お忙しいところどうもありがとうございます!
イエペスが独学でギターを習得したというのは驚きですね。もちろんセンスもあったでしょうけど、熱意があればカバーできると思うと、勇気づけられる気がします(^^ゞ
とにかく、クラシックギターと弦楽器、管楽器の抒情的な世界は大好きです。今度是非アルヘンタと組んだ時の古い録音聴いてみたいですね。同じ奏者による別の演奏を体験するというのも素晴らしいですね。
Posted by stonez at 2005.10.20 00:07
 おさかなさんのブログ経由で案内されました。アランフェス協奏曲、私のHN aranjues は最後のZをSに変えただけでまさにロドリーゴより拝借したものでネット上ではもう10年近く使っています。大学時代、もう30年近く前イエペスさんの生演奏も聴きました。学園祭で「喫茶アランフェス」を出店したこともあります。この曲効いても眠くは成りません(笑)。
 これからも読ませていただきますので、宜しく〜〜。
Posted by aranjues at 2005.10.23 09:49
aranjuesさん、はじめまして。コメント頂きどうもありがとうございました。わかります、私もこの音楽を聴いても眠くならないですね。逆に聴き入って浸ってしまいます(笑)それにしても、イエペスさんの生演奏なんて羨ましいです〜!私の知らないロドリーゴやイエペスを教えて頂けると嬉しいですね。どうぞ宜しくお願いしますね(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.10.23 23:44
stonez様 こんばんは。
先日はTBを頂き、ありがとうございました。素敵なブログですね。記事を拝見しておりますと、この演奏も聴いてみたくなります。これからも、宜しくお願いします。
 
Posted by みー太 at 2005.11.17 22:14
みー太さん、どうもありがとうございます!
私は文章が大の苦手でして、感想などお伝えできるかイマイチ不安に思いながらやっております(笑)ですので、お褒め頂き恐縮です。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!
Posted by stonez at 2005.11.18 01:05
イスパニアのことをまとめる必要があって調べていましたら、この曲を聴きたくなりました。(クラシック好きには理由なんて何でも良いんですが。)
第2楽章は、何度聴いても泣けます。たまりません。
バティスの指揮したCDでTBさせていただきました。
Posted by mozart1889 at 2005.11.18 03:40
mozart1889さん、どうもありがとうございます!
さっそくブログを拝見しましたが、中世イベリア半島の歴史、そしてオリエンタルな雰囲気がそのまま垣間見えるようなこのアランフェス協奏曲、私も好きです。私も、第2楽章はできるだけ歌って欲しい、泣いて欲しいと思っています(^^ゞ 次の第3楽章とのコントラストの違いも気に入ってます。
Posted by stonez at 2005.11.18 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ロドリーゴ作曲、アランフェス協奏曲
Excerpt:  ブログランキングのバナーを貼ると、ヒット数も増えてどれくらい人気があるのかわかるということで、言われるようにやってみて今日で丸1日。  どんなものかわからないので、ランキング上位を見てみたら、エロ..
Weblog: yurikamomeの日記と無手勝流思いこみ音楽ブログ
Tracked: 2005-10-18 16:58

山形交響楽団第162回定期演奏会
Excerpt: 週末の夜、山形テルサ・ホールで、山形交響楽団の第162回定期演奏会を聞いた。曲目は、 (1)レスピーギ 「リュートのための古代舞曲とアリア」第3組曲 (2)ロドリーゴ「アランフェス協奏曲」村治佳織(..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2005-10-18 20:39

村治佳織さんのこと
Excerpt: 昨日、山形交響楽団の定期演奏会でロドリーゴのアランフェス協奏曲を堪能したので、今朝は以前ビデオに収録していたN響との「ある貴紳のための幻想曲」を聞いた。2002年の9月に放映されたN響アワーを8mmビ..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2005-10-18 20:41

ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」 モレーノ(g) バティス/ロンドン響
Excerpt: ちょいと必要があって、イベリア半島のイスラーム国家のことを調べておりました。 ウマイヤ朝に後ウマイヤ朝、ムラビト朝、ナスル朝。コルドバにグラナダ。 その後イスパニアは、フェリペ2世のもとで大いなる繁栄..
Weblog: クラシック音楽のひとりごと
Tracked: 2005-11-18 03:29