モーツァルト/ピアノ協奏曲 第13番

delight先週は飲み会やら夜間作業やらでバタバタし、今週は火曜日に次期案件の面接を受けに行き、木曜日には資格試験を受けに行き、昨日は確定申告に行き、明日は車検に行く、という感じでほぼ日替わりです。

ただ今回は思いきって、資格試験に狙いを定めました。IT系のベンダー資格ですが、追い込みが奏功したのか、はたまた運なのか1科目が合格、そういうわけで残る1科目を本気で取りにいきたいと思います。これにより、ユーザー車検は潔く諦めました(笑)

写真は気晴らしに家族と行った公園で。桃や梅が咲き、もうすぐ春ですね。いや、もう既に春ですかね。穏やかな空気を感じつつ、ここしばらくはモーツァルトのピアノ協奏曲をよく聴いてます。その中から、ピアノ協奏曲第13番ハ長調 K.387b(K.415)を、ウラディーミル・アシュケナージの弾き振り、フィルハーモニア管弦楽団で。

1つ前のピアノ協奏曲 第12番の可愛らしさとはうって変わって、ちょっとすまし顔でゴージャスなのが面白いところ。ティンパニーの刻むリズムが適度に心地良く、またオーケストラの歯切れもよく、ピアノがコロコロと可憐な第1楽章。やわらかい春の風のように清々しい第2楽章。第3楽章は、颯爽と始まったと思いきや見る見る間に陰りが見え始め、深い悲しみに、そしてまた明るさを取り戻し、でもやっぱりため息をつき・・・という捕らえ所のなさが新鮮です。

始まりは堂々と、最後はあっけないほどさりげなく幕を閉じるという、ある意味で印象的なこの作品を、アシュケナージは繊細で慈しみ深く聴かせてくれます。
posted by stonez | 2008.03.15 02:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - 協奏曲
この記事へのコメント
良いアングルですね。ぼっちゃんもお花も楽しそうです。本当に春ですね。資格試験がんばってください。モーツアルトの協奏曲探して聴いてみます。
Posted by よし at 2008.03.15 17:54
よしさん、コメントありがとうございます(^^
あたたかく過ごしやすい季節になってきましたね。
桜が咲く頃に、私も桜咲く、などとうまいこと行けばいいのですが(笑)
モーツァルトのピアノ協奏曲の10番代は、意外と知らなかったのですが、親しみやすく気軽にきけるところはさすがですね。
Posted by stonez at 2008.03.16 02:37
お久しぶりです!
どうしてそんなにうまく写真が撮れるのか、ご教授願いたいです(笑

お子さんもすくすくと成長されているようで、見ているこちらもなんだかうれしくなってしまいます。

モーツァルトの12番も、アシュケナージの指揮振りも聴いたことがないので、一度聴いてみたいものです。
Posted by NAKAMA at 2008.03.19 01:48
NAKAMAさん、ご無沙汰してます、コメントありがとうございます!
いえいえ、写真は行き当たりばったりなもので。。
とにかく9割くらいはボツ写真なんですよ(笑)。数打ってます。
おかげさまで息子は少しずつ大きくなり、今はやんちゃ盛りです。

アシュケナージがN響を去り、結局彼の弾き振りは見られぬままになってしまってますが、音としての弾き振りは、彼らしい明朗で親しみやすい演奏でした。
Posted by stonez at 2008.03.20 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック