ビゼー/交響曲

Sakuraまたまた半月ほどあいてしまいました。狙っていた資格は、終盤の追い込みが効いたのか無事に取得することができました。とにかく自発的に勉強するなんていうことは、記憶が正しければ恐らく中学生以来だと思います(笑)。移動の途中に立ち寄った新宿御苑では桜が満開でした。

久々にのんびりしながらヘッドフォンを通して楽しんでいます。ビゼー作曲、交響曲 ハ長調。シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団。

美しいメロディライン、そしてフレッシュで意欲に満ちあふれた、この季節にもってこいの作品ですが、ビゼーが弱冠17歳という若さで習作のつもりで作曲した、というから驚きです。溌溂とした第1楽章や、爽やかで元気いっぱいのスケルツォ、そして歯切れよく疾走する第4楽章は本当に楽しいですが、その中にあって第2楽章アダージョのオーボエの美しさも際立ちます。これでは、破棄されて存在しないという交響曲が他に2曲もあるというのが惜しまれるというものです。

明快で小気味よく、弾力に富んだデュトワの演奏は、まさにこの作品の雰囲気にぴったりの印象。こういう生気に満ちた演奏が本当に上手いなあと思います。
posted by stonez | 2008.03.30 01:25 | Comment(6) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
こんにちは。これは春にふさわしい曲ですね。
新入生や新入社員のようにフレッシュさが溢れる
ようです。以前書いたブログを読み返して、そう
書いていました(^。^)。
ハイテインク指揮の盤ですが、TBさせてもらいました。反映しているかな? 駄目ならまた後日
試みます。
確か以前もそんなことあったようですが、後日
やり直すとうまくTB反映されていましたから。
Posted by at 2008.03.30 11:54
丘さん、ご無沙汰してすみません、コメントありがとうございます(^^
本当に元気いっぱい、春の季節にぴったりですね。咲き乱れる桜を見ながら通勤でも楽しんでいました。
ご迷惑をおかけしていますがTB問題なく届いております、ハイティンク盤ですか、さっそく拝見させていただきますね。
Posted by stonez at 2008.03.30 23:35
大阪は寒かったのでこれから桜が見ごろです。
このCDは持っていますが確かに春にふさわしい曲ですね。2楽章のオーボエの麗しいカンタービレは17歳という若さの象徴でしょうか。そうそう、資格試験合格おめでとうございます!
春がいっぱいですね(笑)。
Posted by よし at 2008.04.03 08:31
よしさん、コメントありがとうございます!
これから桜の季節、よしさんのお写真も楽しみです。
おかげさまで資格は何とかなりましたが、あとは仕事ぶりを磨くだけです(そちらが問題です・笑)このビゼーを聴きながら、新入社員の集団を目にしてちょっと身が引き締まる思いでした。
Posted by stonez at 2008.04.04 01:16
偶然にもここ2ヶ月ほどの間に立て続けに、この曲のライブを聴きました。不思議ですね。同じ指揮者、同じ楽団なのに、最初に聴いた時と、二回目に聞いた時で受け取り方が違いました。多分、猛練習で音が鍛えられたのだと思います。
賑やかで曲の始まりに相応しい第1楽章。
オーボエの旋律が甘く切ない第2楽章。
コミカル風に楽しそうな第3楽章。
そして、弦の頑張りが目立った第4楽章でした。
Posted by アスカパパ at 2008.05.01 13:14
アスカパパさん、こちらにもありがとうございました!
エントリーを拝見しておりましたが、一つのオーケストラの演奏がどんどん進化していく過程を間近で感じられた、というのは本当に貴重で素晴らしい体験ですね。羨ましく思います。ビゼーの交響曲、私はなぜもっと早くに聴かなかったんだろうと思うほど、親しみやすく楽しい作品ですね。実演でもぜひ接してみたいものです。
Posted by stonez at 2008.05.02 09:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91529053

この記事へのトラックバック

ビゼー 交響曲第1番 ハ長調
Excerpt: ? 4月も半ばになり、新入生や新入社員はフレッシュな気分で新しい 生活を始められていることでしょう。 そんなフレッシュさが一杯の曲が、    ビゼーの交響曲 第1番..
Weblog: 音に巡る想い
Tracked: 2008-03-30 11:47