ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ 第5番「春」

Happy Birthday息子が2歳の誕生日をむかえました。本当にあっという間でしたが、きっとこれから先も、ふと立ちどまった時におんなじことを思うんでしょうね(笑)。まあ元気が余り過ぎるほどですが、とにかく健康なことに感謝しています。

今日のための1曲。ベートーヴェン作曲、ヴァイオリンソナタ第5番 ヘ長調 Op.24「春」。アルテュール・グリュミオーのヴァイオリン、そしてクラウディオ・アラウのピアノで。

染みひとつない青空、といわんばかりに底抜けに幸せなこの音楽がベートーヴェンの作品ということに妻が驚いていましたが、どこを切り取っても若々しい生命力を感じられるところは、まさに愛称どおり春にぴったりですね。まあうちの息子の場合は元気いっぱい「魔の2歳児」ですから、どちらかといえば、光る青春の喜びと稲妻といいながら演奏していた「のだめカンタービレ」の峰くんに近いかもしれません(笑)。

ともあれ今聴いている演奏、美しく弾むようなグリュミオーのヴァイオリンと、肩の力が抜けたアラウのピアノは、軽やかな春の日によく合いますね。
posted by stonez | 2008.04.14 01:01 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 室内楽曲
この記事へのコメント
もう2歳ですか。
子供の成長は早いですね。
確かに男の子は魔の2歳かもしれません。
悪いことは何でもします(笑)。

グリュミオーとアラウの演奏があったのですね。

写真、とても良い雰囲気ですね。
Posted by よし at 2008.04.14 08:14
よしさん、さっそくのコメントどうもありがとうございます!
私の成長に比べると、子供は格段に早いですね(笑)
暗い中での撮影は難しいです(^^ゞ
グリュミオーとアラウですが、アラウの際立った個性はさほどでておらず(笑)、グリュミオーらしい甘美な演奏という印象です。
Posted by stonez at 2008.04.15 01:28
こんにちは。お子さんの成長は早いですね。
季節も、はや東北にも桜の便り。まだ満開にはだいぶ間がありますが、春ですね〜。単身赴任のアパートで、小さなスピーカで、スークとヤン・パネンカの演奏を聴いております。昨年の記事をトラックバックしました。
Posted by narkejp at 2008.04.15 20:13
遅くなりまして申し訳ありません(^^ゞ
コメント&TBどうもありがとうございました!
単身赴任はいかがでしょうか。これから桜の見ごろを迎えられるのは、羨ましいですね。こちらはだいぶ緑になってしまいました。
スークですか、聴いてみたいですね。室内楽のジャンルでは比較的知れた作品ということで、いろいろな演奏を聴いてみたい物です。
Posted by stonez at 2008.04.19 01:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93270241

この記事へのトラックバック

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」を聴く
Excerpt: ときどき雪が降ったりはしますが、日一日と春の気配が濃くなってきています。陽気に誘われて外に出ると、風はまだまだ冷たいけれど、ガラス窓越しの陽光はぽかぽかとあたたかく、まどろみを誘います。こんな日は、ベ..
Weblog: 電網郊外散歩道
Tracked: 2008-04-15 20:10