ショスタコーヴィチ/交響曲 第7番「レニングラード」

このところの私は、先日エントリしたバルトークの「オケコン」が旬な音楽となっていますが、今日はその曲中に突如パロディとして登場する、ショスタコーヴィチの交響曲第7番 ハ長調 Op.60「レニングラード」です。

演奏は、マリス・ヤンソンス指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団です(ソ連崩壊後は地名に合わせてサンクトペテルブルク・フィルに改称)。ということで何といってもこの音楽を、ご当地レニングラードのオーケストラがソ連崩壊直前(1988年)の時期にどう演奏しているのか非常に興味がありました。

この交響曲第7番は、ショスタコーヴィチの故郷レニングラードがドイツ軍の激しい攻撃にさらされた最中に着手されています。また初演当時は「ナチスによる戦争惨禍と、それに対する戦いを描いた大規模な交響曲」ということでアメリカなど他の連合国でも人気を呼び、トスカニーニ/NBC響をはじめ盛んに演奏されたものをバルトークが聴いたようです。

この音楽で何といっても目を引くのが、バルトークの「オケコン」にも出てきた第1楽章の「戦争のテーマ」といわれる旋律。小太鼓のリズムの上を、明るく短いフレーズがクレッシェンドしながらずっと繰り返されるという、いわゆる『ラヴェルのボレロのようだ』と言われる部分でしょう(そういう意味ではボレロ好きの方にもおすすめです(^^ゞ)。

この「戦争のテーマ」は、はじめこそ規律正しい行進の様子というだけですが、次第に勢いを増してエスカレートしていく人間の心理と恐怖をうまく表現しているように思います。ヤンソンス/レニングラード管の演奏には余計な飾り気がなく、かえってその辺の生々しさが浮き彫りになっている気がします。

ただ、作曲者本人が「ヒトラーだけでなく、スターリンによる粛正の恐怖も織り込まれている」との後日談を残しているそうですが、そのフィルターを通したからか「のどかで平和だった頃の街の風景(第2楽章)」や「廃墟と化した後の街の様子(第3楽章)」の奥底には、倦怠感とか陰鬱なオーラが漂っています。元々それが「ショスタコらしさ」なのかもしれませんが、オケも肌で感じて受け継いだものを発揮しているかもしれません。

フィナーレで訪れる勝利は、そんな恐怖全てからの脱出という意味にもとれますし、最後に連呼される「タタタター」のリズムが勝利(Victory)の"V"の字をモールス信号で表しているという説(そういえばベートーヴェンの運命のテーマと同じ)とかも含めて、あれこれ想像させられてしまうところがショスタコーヴィチの巧さといえるかもしれませんね。
posted by stonez | 2005.11.30 12:45 | Comment(12) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲
この記事へのコメント
ヤンソンスのショスタコーヴィッチは先日も聴いてきたところですが、本当に素晴らしいですねぇ。もはや自らの血肉になっているというか・・・。この音源、前から気になっていましたが、まだ今まで聴く機会がありませんでした。一度聴いてみたいですねぇ。
Posted by リベラ33 at 2005.11.30 21:55
こんばんは。
不謹慎な話ですが、この曲を聴くとどうしてもシュワちゃんの宣伝を連想してしまいます。
ちょっと長いこともあり、最後まで一気に聴いたことが少ないのですが、久しぶりに全曲聴いてみたくなりました。
Posted by romani at 2005.11.30 22:54
リベラ33さん、コメントどうもありがとうございます!
そうでしたね!ヤンソンス/バイエルン放送soのエントリーを拝見し、羨ましく思いました。迫力と充実した様子がよく伝わってきますね。ショスタコの第5番も是非聴いてみたいですね、それにしても生演奏いつか聴いてみたいものです(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.11.30 23:28
romaniさん、コメントどうもありがとうございます!
私は最近知ったのですが、あのチーチンプイプイのCMはこの第7番のパロディだったんですね。yurikamomeさんのブログで知りました。それにしても、この曲はいろいろな方面で活躍しているようで(笑)ショスタコさんにしてみれば「してやったり」なのかなと思ってしまいました。それにしても、最初の1楽章で30分近くですから長いですよね(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.11.30 23:34
TB感謝です。あの「ちちんぷいぷい」は、ヒトラーの大好きだったレハールの「メリー・ウイドウ」の中の旋律のパロディだそうです。それがどんどん巨大化していく恐怖だそうです。つまりヒトラーがレニングラードに攻めてきたときに従軍していたショスタコーヴィッチがその恐怖を描いたという事らしいです。でも、予備知識も大事ですが、それ無しで本質を外さず鑑賞できる音楽を造る手腕はさすがですね。
Posted by yurikamome122 at 2005.12.02 18:51
 ショスタコーヴィチ・・・わたくし、年寄りじゃあございません、中年ですが、どうもこの作曲家については「タブー意識」があるんですねえ・・・何か言及するのがはばかられるみたいな(笑)・・・さて、ともかく・・・。
 さほどじっくり聴くことなく過ごしてきましたが・・・第7番は、もちろん第1楽章も面白いですが、一般ウケしないかも知れない第3楽章以降が気に入っています。
 しかし、一番気に入っているのは第9番・・・第1楽章がピクニック気分のような、J.シュトラウス2世の「常動曲」っぽいような軽さがあり、また、演奏上もおそらく「乗り」や「音符の重量感(と言うよりもむしろ軽量感や次の音符への進行)への配慮」が大切そうですが、(バックボーンとなる思想は別として)純粋に音楽面だけで接したとき、もっとも愛着を覚えます・・・第9番は短い曲なので評価はどうなのでしょうね・・・。(おっと、コメント返ししにくいようなコメントになってしまいました、すみません。)

 しっかり寒くなってきましたね、お風邪を召しませんように。

Posted by クラシカルな某 at 2005.12.02 20:19
すいません、緊急連絡です。欲望バトンによろしければご協力できないでしょうか?。無理にとは申しませんが、時間があればぜひ。
一応TBさせてください。
Posted by yurikamome122 at 2005.12.02 23:15
おはようございます!携帯電話から失礼します。
ただいま結婚式で兵庫に来ております。4日夜には戻る予定ですので、改めてコメントさせていただければと思います。バトンの件それからでも大丈夫でしょうか(^^;
Posted by stonez at 2005.12.03 09:08
さてさて、兵庫へのバタバタ旅行が終了いたしました(^^ゞ

クラシカルな某さん、コメントどうもありがとうございます!
おっしゃるタブー意識。20年くらい前まではもっと強烈にあったのではないかと想像しました(笑)。やはり体制のなせる技というのもあるのでしょうか・・・いろいろなところで調べても近代・現代の人なのに謎が多いですよね。
なるほど、7番交響曲の3、4楽章は確かにいろいろ含みを感じる内容の濃さがあるように思います。第9番は未聴ですが短い曲というのは知りませんでした。気楽に楽しめる(笑)演奏時間というのもいいですね(^^ゞ 興味津々、さっそく今度聴いてみます。ありがとうございます。
Posted by stonez at 2005.12.05 00:48
yurikamomeさん、コメントのバトンの件さっそく楽しませて頂きました!では、さっそくエントリーの方で(^^ゞ
Posted by stonez at 2005.12.05 00:53
>「ヒトラーだけでなく、スターリンによる粛正の恐怖も織り込まれている」

これはショスタコ本人が語ったわけでなく
ソ連でそういう意図も含まれてるのでは?
とささやかれていたことをヴォルコフが
「ショスタコービッチの証言」という本であたかも本人の発言であるかのごとく捏造したたというのが真相のようです。
ショスタコ夫人はこの件に関して、実際にドイツの攻撃を受けていた当時のレニングラードの悲惨な状況で、こんな考え(スターリン批判)は出てこないと言っています。
無論、本人が本当はどう考えていたかは余人のの知るところではないのですが、スターリン批判云々の説については、ソ連知識人の「そうあって欲しい」という願望も含めた後付けの解釈のように思います。
Posted by いんてる at 2012.11.22 18:19
いんてるさま、昔のエントリーを読んでいただき、またコメントをくださりありがとうございます。
とても興味深く拝見しました。ショスタコーヴィチのこの作品以後の活動や、それらの作品からくる先入観で勝手にイメージを作り出してしまっていた部分が大きいですね。あらためてこの作品を聴きたくなりました。どうもありがとうございます。
Posted by stonez at 2012.11.23 06:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ショスタコービッチ交響曲第7番「レニングラード」
Excerpt: 宮様のご婚約、心からおめでとう。本当に心の底から幸せになって欲しいと思います。絶対に。日本国民の一人として。私の切なる希望です。私たちの皇族です。私たちの期待はきっと裏切らないと思います。皇族は私の憧..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞と日記
Tracked: 2005-12-01 07:12

欲望バトン
Excerpt: 私の大好物のバトンがまたまた廻ってきました。今度は欲望バトンです。 でも、なにやらアダルトな匂いのするものではございません。その点を期待なさってもガッカリになります。 ではでは、 ■Q1..
Weblog: yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真
Tracked: 2005-12-02 23:15