シベリウス/交響曲 第1番

夕方の小一時間、マンガ喫茶にきています。いちおう貴重な休み時間です。このご時世、セキュリティ対策の一環としてインターネットができない職場というのが増えてきてますが、そうなるとちょっとした調べものすらできなかったりして、なかなか不便なものです。

さて今年は、グリーグの没後100年、シベリウスの没後50年と、北欧を代表する巨星たちが区切りよく節目を迎えたので『北欧イヤー』だそうです。私もこの流れに乗りたいと思います。まずは20世紀を代表する交響曲作家でもあるシベリウスから。交響曲第1番 ホ短調 Op.39。サー・コリン・デイヴィス指揮、ボストン交響楽団による全集録音から。

シベリウスが最初に手がけたこの交響曲、この伝統的な交響曲という枠組みの中に北欧の大自然やおとぎ話をギュッと詰め込んで真空パックにしたような作品とでもいいますか、聴いた瞬間にそれが耳元で広がって、あっという間にまだ行ったことのない北欧の風景の中にいるような、そんな気分にさせてくれるのです。

第1楽章。暗い序奏が明けたとき、目の前にぱっと広がる光と水と緑の世界。自然が織りなす神秘。第2楽章。そこに暮らす人々のあたたかさを見るような、どことない懐かしさ。悲劇的な高揚はこの国の負ってきた歴史の暗示か。第3楽章。再び大自然。巨大なフィヨルド。氷河。ハープのアクセントが心地よい。第4楽章。交響詩のような雰囲気。雪解け、夜明け、そして人々が伝説の時代から今に至るまで大切にしてきた尊厳を取り巻くドラマティックな世界。

コリン・デイヴィスとボストン響の一番の魅力は、透明感が感じられるところ。そして重心の定まった音の響き。それが寒さ厳しい気候の中にあって、綺麗で美しい北欧の大自然そのもののように伝わってきます。スケールの大きさを感じさせる豊かな金管も素晴らしい。残響音が適度に効いた録音状態もまた素敵です。
posted by stonez | 2007.01.26 17:02 | Comment(4) | TrackBack(3) | 音楽 - 交響曲

ベートーヴェン/交響曲 第9番「合唱付き」

ベートーヴェン作曲、交響曲第9番 ニ短調 Op.125。通称『第九』といえば、やっぱり年の瀬ですね。日本では年末公演として盛んに取り上げられますが、それだけの祝祭的な雰囲気は十分にあります。

楽聖ベートーヴェンが打ち建てた金字塔ともいえる彼の最後の交響曲、さすがに録音もたくさんありますが、いくつか聴いた中でも思わず涙腺が緩んでしまったとっておきがあります。ヴァント指揮/NDR盤です。今年は残念ながらコンサートには行けそうにないので、常々エントリーしたいと思っていたこちらでいきます!

第1楽章は「力」の音楽。演奏には飢えた狼のようなシャープな破壊力が宿る。第2楽章は「熱狂」の音楽。ダイナミックな旋律が強靱なオーケストラに後押しされてこちらに突進してくるよう。第3楽章は「楽園」の音楽。でもヴァントのタクトは、もはや喜怒哀楽を越えた悟りの境地に。みるみる力が抜けて無心になっていく独特の感覚。

終楽章。前の3つの楽章に対する答え。「力」「熱狂」「楽園」を全て否定して平和と人類愛へたどり着く。それは歓喜の歌。第3楽章の静寂を突き破る強烈なインパクト。性急で緊迫している。研ぎすまされた声楽のアンサンブル。もはや万感の思いで歓喜を聴き、躍動感を感じながら最高のクライマックスを迎えるのです。

一切の贅肉を削ぎ落とした鋭さとパワーを秘めた絶妙のオーケストラ・コントロール、これがヴァントの魅力です。それは華やかさや艶やかさとは対極の世界。でもそれがベートーヴェンに、特にこの交響曲にはよく合います。それにリズムの隅々まで気持ちいいのは、ヴァントならではの緻密な構成力によるものでしょう。
最後にティンパニーも最高!

■演奏・録音
指揮:ギュンター・ヴァント
北ドイツ放送交響楽団、北ドイツ放送合唱団、ハンブルク国立歌劇場合唱団
エディット・ビーンズ(S)、ヒルデガルド・ハルトヴィヒ(A)、キース・ルイス(T)、ローラント・ヘルマン(Bs)
録音:1985年 北ドイツ放送局、ハンブルク
posted by stonez | 2006.12.27 22:55 | Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲

シューマン/交響曲 第4番

フジテレビの「ザ・ベストハウス123」という番組で、われらが地元群馬の水沢うどんが、なんと稲庭うどんと讃岐うどんを抑えて3大うどんの第1位に。驚きました。分かってくれる人はいるもんだなぁ、と。確かに水と小麦粉には定評があります。選ばれた基準とか気になりますが、とにかく素直に喜びました。

いつも音楽と全然関係ない話題で始まります(笑)が、本題いきましょう。今年はローベルト・シューマンの没後150年でもありましたので、今回はシューマンの交響曲第4番 ニ短調 Op.120です。ベルナルド・ハイティンク指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の録音から。

この音楽を最初に聴いた時、なんて起承転結のはっきりとした交響曲らしい交響曲なんだろうと思いました。ドラマティックなところはいかにもシューマンらしい。全楽章が切れ目なくつながっていてアタッカで演奏されるので、緊張感が途切れることがありません。本当に充実してます。

ドラマティックなこの音楽を聴いてると、中世の騎士道物語のようなお話をイメージしてしまいます。騎士たちの背負った宿命(第1楽章)、心の拠り所はふるさとと家族(第2楽章)、でも決意を新たに旅立つ(第3楽章)、待ち受ける苦難を乗り越えた勝利、おまけに聖杯もゲット(第4楽章)。美しい「歌」あり、近寄り難い気むずかしさあり、どれもがシューマンの魅力です。

ハイティンク盤は、いくつか聴いたうちでも急ぎすぎず、かといってゆっくり過ぎもしない自然なテンポ。それにオーケストラに重量感があるし、弦の音色に他の音が埋もれてしまわないスッキリとしたサウンドも素晴らしいです。
posted by stonez | 2006.12.13 23:32 | Comment(8) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲

ハイドン/交響曲 第88番「V字」

今週から仕事で五反田に行っています。この町に馴染みのない私にとっては歓楽街の印象しかありませんでしたが、実際に来てみると昼食には困らないし、本屋さんも多いし(ブックオフ含む)好印象です。写真は東急池上線の五反田駅。都内とは思えない昭和のレトロ感を今に残します。

さて今日は、そのブックオフで見つけてきた掘り出し物。ハイドン作曲、交響曲第88番 ト長調 Hob.I-88「V字」です。オットー・クレンペラー指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団。1964年の録音から。

ハイドンは「交響曲の父」として知られている通り、その数、実に100曲以上の交響曲を残しているためか、主要なものにはニックネームがついていたりします。そしてそれは曲の内容を示す標題ではなく、たんなる識別用だったりすることが多いようです。この「V字」はというと、初版の表紙にアルファベットの「V」が書き込まれていた、というだけなんだとか。

この交響曲は、エステルハージ宮廷のお抱え音楽家だったハイドンが、外部からの注文に応えられるようになってからの作品ということで、ちょっと吹っ切れた肩のこらない感じがいいですね。厳かな序奏と、反対にユーモラスな旋律のオンパレードの第1楽章や、耳馴染みのよい爽快さが光る第4楽章の楽しさは言うに及ばず、それに挟まれた2つの楽章の素晴らしいこと。

まずは、メロディ・ラインの美しい第2楽章。シンプルな旋律が丁寧に奏でられていくさまと、ティンパニによるアクセントの妙。緩徐楽章にトランペットが入ることはハイドンにしては珍しいそうです。そして優雅ですぐにでも口ずさめてしまう第3楽章。ティンパニと木管の存在感が際立ちます。ベートーヴェン以前にこれだけティンパニが活躍する作品があったんですね。

演奏は、クレンペラーらしくエネルギッシュかつ整然とハイドンの品の良いところを引き出しています。テンポ設定も程よく自然な聴き心地です。それからヴァイオリンが対向配置となっていて、弦のふくよかさを十分に堪能できるところはさすがです。
posted by stonez | 2006.11.11 17:10 | Comment(10) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

シベリウス/交響曲 第2番

とある用事で出かけた週末、息子をしばらく抱っこしていたら今日になって筋肉痛になりました(笑)。そんなヘタレな自分にあきれつつ、同時に子供の成長を感じる今日この頃です。

このところはシベリウスをよく聴いていますので、今回はシベリウスの有名曲から。交響曲第2番 ニ長調 Op.43です。透明度の高い空気感と、ふつふつと湧き上る民族的な高揚感は、祖国フィンランドを思うシベリウスならではの味わいといえるでしょう。別名「シベリウスの田園交響曲」と呼ばれたりもしています。

穏やかな光が大地に降りそそぐような第1楽章、暗い洞窟を探検している気分になる第2楽章、そして厳しい自然が雄大に広がっていく様子とも、帝政ロシアの圧政の重圧をやがてはねのける様子ともとれる第3、第4楽章。このシベリウスの描いた世界が、頭の中で自由に膨らんでいく親しみやすさがあります。

先日、この音楽を妻にも聴かせたところ「ローマの休日で流れていそう」と言っていました。そういえば、と思って確認してみると確かに、シベリウスがイタリアへ旅行した際に着手、とありました。メンデルスゾーンといい、ブラームスといい、イタリアには作風に影響を与える何かがあるようです。

演奏はユッカ=ペッカ・サラステ指揮/フィンランド放送交響楽団。いわゆるお国ものです。実はマゼール/ピッツバーグ響盤のゆっくりとした、まるでブルックナーのような第2番にずっと馴染んできたので、はじめは快速に感じましたが、こちらのタイプの解釈の方が本流のようです。

ライブ盤から伝わってくる熱気に加えて、自信に満ちた明晰な音色にはインパクトがあります。フィンランドという、日本からは遠くて美しい国の情緒を楽しめる思いです。欲を言うなら、せっかくのライブ盤、最後の拍手まで入れて欲しかったというくらいでしょうか。
posted by stonez | 2006.10.24 23:34 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

ショスタコーヴィチ/交響曲 第9番

今年は、生誕100周年を迎えたショスタコーヴィチのメモリアルイヤーでもあるわけですが、気づいたら9月25日の彼の誕生日を過ぎてましたorz。それでも少しずつ取り上げていきたいと思います。まずは 交響曲第9番 変ホ長調 Op.70です。

交響曲第9番というと、ベートーヴェンを筆頭に、シューベルト、ブルックナー、ドヴォルザーク、マーラーといった名だたる作曲家が大曲を残し、しかもそれを最後に世を去っているという、いわば「いわく付き」の番号ですが、当時すでに名声を博していたショスタコーヴィチにしても、これは頭にあったでしょう。しかも時は第二次世界大戦集結の1945年。当然ソビエト当局も聴衆も7番、8番に続く「大規模な戦勝交響曲」を期待していたはずです。

それに対する本人の回答、それがこの第9番です。ベートーヴェンの「エロイカ(英雄)交響曲」を思わせる変ホ長調に、5楽章構成。一見、壮大な大作の予感です。ところが、フタをあけてみるとその中身は軽快でコミカルなディヴェルティメント風。いかにも彼らしいシュールな作品でした。以下、私の勝手なイメージです。

はい、それではショーの始まり始まりー。ラッパに続いて軍隊の行進と思いきや、あまりのポカポカ陽気にみんなご帰宅。それを繰り返しているうちに日が暮れて終了【第1楽章】。

ところ変わって、ここは静寂に包まれた墓場。例の独裁者によって粛清された人たちの魂が浮遊する。声なき叫びをあげる【第2楽章】。

お次は、戦いも終わって明るさを取り戻した町の風景。と、なぜか突然ここで闘牛士が乱入(バーンスタイン談)【第3楽章】。その闘牛士が仮面を取ると、それはなんと罪なき人々を無理やり連れ去る秘密警察だった。町をふたたび恐怖が支配【第4楽章】。と、よく見たら秘密警察じゃなくて変装してた一般人でした。ただ飲み相手が欲しかったんだって。連れ去られた人たちも勢揃いで飲んで歌って、はいおしまい【第5楽章】。


さてその結果、周囲には見事肩すかしを喰らわせ、いともあっさり例の「いわく」をかわし、最終的に15曲もの交響曲を世に送り出したショスタコーヴィチ。当然ながら当局からは猛烈に批判され、演奏禁止という憂き目に。しかし明日の命をも知れない状況で堂々とこれをやってしまうわけで、さすがというほかありません。

私のお気に入りは、マリス・ヤンソンス指揮/オスロ・フィルハーモニー管弦楽団です。特に1、2楽章のテンポをかなり速めにとることで、スッキリした爽快感を前面に出しています。それに管楽器をはじめとした明朗な音色からは、あの閉鎖的な世界のジメジメさや泥臭さが洗い落とされています。
posted by stonez | 2006.10.13 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 - 交響曲

ベートーヴェン/交響曲 第8番

秋篠宮妃紀子さまのご出産の知らせは、同じ年に生まれてきた子どもをもつ私としても大変嬉しく思います。本当におめでとうございます。ふと、私が子どもが授かった時、性別はどちらでも良いから母子共に健康であって欲しい、と願ったことを思い出しました。

今日という日に相応しい音楽はないかと思っていましたら、まだエントリーしていないとっておきがありました。気品をたたえていながら親しみもあり、実りある秋を感じさせてくれる音楽、ベートーヴェン作曲、交響曲第8番 ヘ長調 Op.93 です。ブルーノ・ワルター指揮、コロンビア交響楽団による演奏から。

第1楽章は颯爽と始まり、そして軽やかで美しい旋律がきっちりと構築されていく。ワルターの鮮やかで優しさに包まれた演奏、1958年の録音というのがとても信じられないような素晴らしい音質。印象的なこの音楽の「顔」です。

第2楽章。メトロノームを模しているともいわれる軽快なテンポが心地よい豊かな時間の流れを表しているよう。終わり方もチャーミングで可愛らしいです。

第3楽章はスケルツォではなく、ベートーヴェンには珍しいメヌエット。収穫を控えた田園の風景、悠然と澄んだおいしい空気を吸っているような気分になります。

第4楽章は軽快で広がりをもった展開。ワルターはゆとりを持って、じっくりかみ砕きながら、丁寧に音を作り出していきます。ベートーヴェンにしてはシンプルなこの音楽を本当に優雅に堂々と聴かせてくれました。
posted by stonez | 2006.09.06 22:43 | Comment(9) | TrackBack(2) | 音楽 - 交響曲

ベートーヴェン/交響曲 第4番

先日所用で渋谷に立ち寄ったついでに、ぷらっと足を伸ばしたHMVで発見しました。前から気になっていた、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/シュターツカペレ・ドレスデンによるベートーヴェン・シンフォニーのコンプリートBOX、5枚セット + 1990円也 + 給料日明け ⇒ 即買いして参りました。輸入版で解説書とかは一切ありませんが、この際ベト様には不要でしょうということで。

で、待ちきれずにザザっとひと通り楽しんでみましたが、非常にまとまりのあるアンサンブルというのが第一印象。テンポは基本的には中庸。奇をてらわない堅実さは以前テレビで見たブロムシュテットのイメージと重なります。そういうこともあってか、特に偶数番の曲などを中心にグイっと惹きつけられるものがあります。

ベートーヴェンの交響曲第4番 変ロ長調 Op.60もそんな一曲。『英雄と運命の巨人にはさまれた、美しいギリシャの乙女』とシューマンが例えたこの音楽。ブロムシュテット・SKDは、じっくりときめ細かい序奏を聴かせますが、ひとたびエネルギーを放出した後は、息切れすることなく鮮やかな疾走感で駆け抜けます。この速さはちょっと意外でしたが、お見事!当時プライベートが順調だったというベートーヴェンのウキウキ感そのままに、という感じです。

もちろん、これまた上機嫌のうちに書き上げたであろう第2楽章も、伸びやかな明るさで。SKDサウンドはこういうところでこそ本領発揮。綺麗なものをより美しく感じさせる丁寧な音作りはさすがです。それに、こういう緩徐楽章で気分を徐所に盛り上げていくティンパニの使い方などベートーヴェンらしさも堪能。

元気に上がったり下がったりする第3楽章は、性急にならずに楽器それぞれの音を十分に鳴らし、小刻みな速い動きのある終楽章では、テンポアップさせてラストならではの高揚感を引き出していく。そんな快活さが前面に押し出されているところでも、個々の楽器がしっかりとまとまっていて、弦にしろ管にしろ1本の楽器として耳に届きます。

蒸し暑くなってくるとベートーヴェンはちょっときついんですが(゚ε゚;)、でもしばらく手が伸びてしまいそうです。そうそう、録音されたルカ教会の残響音が、音の豊かな広がりにこれまた一役買っていることも付け加えておかなければ。
posted by stonez | 2006.07.14 23:19 | Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲

マーラー/交響曲 第4番「大いなる喜びへの賛歌」

いつもお世話になっているおさかな♪さんから先日いただいたコメントで、今までエントリーしようと思いながらまだだったマーラーの曲を思い出しました。交響曲第4番 ト長調「大いなる喜びへの賛歌」です。

これまで少しずつツマミ食いしてきたマーラーの交響曲ですが、おぼろげながら感じているのは、まずスケールの大きさ・迫力が桁違いで楽しい。そして場面展開が型にはまっていないので飽きない(途中で置いていかれることはあります)。それから楽器や合唱の使い方が変わっていて目(耳)を引く。そんな中に美しい「歌」が散りばめられている。等々・・・

マーラーの音楽は、彼自身の感情のおもむくままに展開されていき、しかもその感情が適度に盛り上がってメリハリを生んだりしているので、実際には気軽に聴きやすいのかもしれませんね。このあたり構成的にはベートーヴェンの音楽とは正反対のようですが、聴いているこちらを圧倒する説得力があるという点では共通していると思います。

この第4番は、マーラーの交響曲の中でも演奏時間が一番短いので(それでも1時間弱!)、最もとっつきやすい1曲といえるかもしれません。曲は「神の見守る天上界の素晴らしさを、子供(ソプラノ)が歌い上げる」という第4楽章が中心にあって、その前の各楽章はそれぞれ思い思いにそのための伏線を張っている、と想像しながら聴いています。ソプラノはキリ・テ・カナワ、サー・ゲオルグ・ショルティ指揮/シカゴ交響楽団による録音から。

カナワのソプラノは艶やかな美しさをたたえていますし、サー・ジョージは輪郭のくっきりとした音色を、溌剌としたストレートな味付けで演奏させています。それなのでどちらかというと、ふわっと天上から光が降り注ぐというよりは、地上界にいてその光を体いっぱいに浴びている、という感覚に近いかもしれません。

マーラーの第4番、コンパクトにまとめられた中にもマーラーの創り出す世界を十分楽しめる音楽です。
posted by stonez | 2006.06.24 14:55 | Comment(12) | TrackBack(3) | 音楽 - 交響曲

ハイドン/交響曲 第101番「時計」

今日は「時の記念日」。ブログを始めて2回目です。この1年、環境の変化は多少ありましたが、いいのか悪いのか自分自身は変わっていません。相変わらずともいいますね。

変わらないといえば、自宅の近所にはずっと変わらず『完全閉店』の大看板を掲げて営業しているフトン屋さんがあります。この町に越してきたのが3年ほど前ですから、少なくとも3年間は「閉店セール」が続いているわけですね。もうここまできたら、これからも末永く(?)完全閉店を貫いてもらいたいものです。

というわけで、「時」にちなんで今日はハイドンの「時計」です(交響曲第101番 ニ長調 Hob.I-101)。演奏は、こちらも名前が「時」を意味する楽団、18世紀オーケストラ。指揮はもちろんフランス・ブリュッヘンです。

第2楽章の規則正しいリズムとテンポが振り子時計を思わせることから、後世の人々にこういう愛称で呼ばれているわけですが、後に登場するベートーヴェンの、メトロノームをモチーフにしたリズムが印象的な第8交響曲と比べると、さらにゆっくりした昔の時の流れを感じます。現代にあって逆に貴重に思えます。

まずはシブい序奏と、それとは対照的なきびきびとした主題の第1楽章。全楽器のトゥッティは爽快です。そして例の第2楽章はとってもシンプル。でも転調や休止が効果的なので飽きません。第3楽章は快活なメヌエット。フルートが淡々とリズムを刻んでいたりして楽しいです。第4楽章のロンドで華やかに締めくくられます。

ブリュッヘンらのオリジナル楽器による演奏は、日ごろ聴き慣れた現代のものとは一味違ったシンプルで澄んだ音色。それから、楽器ごとの音量バランスも今と違っていて鳴り方が新鮮ですし、距離感が近くて親しみが湧いてくるので、なんかこう、上手く言えないのですが学校で合奏したときのあの興奮を思い出します。ともあれ、ハイドンはこういう音色を思い描きながら作曲したのか、と想像するのも面白いですね。
posted by stonez | 2006.06.10 08:53 | Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽 - 交響曲