シンボルツリー

IMG_7349

門柱に照らされる桂の木のシルエット。
posted by stonez | 2011.05.01 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

祝日だけど

IMG_1258

仕事の1日。その合間にこっそり1枚。
posted by stonez | 2011.04.29 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

庭いじりの日

IMG_7286

種苗屋さんに行って花や草などを買い込んで庭に植えた。また少し庭らしくなってきた。夕暮れ時、近くの桃の木?を眺めながら一休み。
posted by stonez | 2011.04.24 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

昼下がりに

IMG_7035

数日遅れで、息子の誕生日祝いと自分の転職祝いをしてもらった。会場は我が家で。お料理は叔母が実家で作って持ってきてくれた。まさに「スープの冷めない距離」を実感。
posted by stonez | 2011.04.16 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

職場にて

IMG_1178

トイレ休憩のついでに、こっそりと1枚。日が経つのが早い。やっぱりというか、重い荷物を背負ってしまった。でも何といっても仕事が終わった次の瞬間に家に帰り着いているのは大きい。当面は仕事のための勉強もしなくては。気疲れもしてぐったり(笑)
posted by stonez | 2011.04.08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

初出勤

IMG_1150

初出勤。何度経験してもやっぱり緊張するものだ。加えて震災や計画停電(すっかり輪番停電とは言わなくなった・・)に配慮する形で暖房が効かない寒い職場なので、より手足がブルブルだった。でも新人挨拶が何とか終わり、配属も決まり、さっそく残業となったが、歩いて数分で家に帰り着くことに感動。お昼に帰宅した時はなんだか緊張感のない変な感じだった。とにかく線路は始まったばかり。このご時世に働けることに感謝しつつ、これまでの経験を生かしながらやっていきたい。
posted by stonez | 2011.04.01 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 写真 - その他

お休み終了

R0033521

冬最後の冷え込みがひと段落したので、先日買ってきた桂、ヤマボウシ、それと実家からもらったツリバナを庭に植えた。更地だった小さな庭が少しだけ庭らしくなってきた。

長かった春休みも今日で終了。色々あったので当初よりも慎ましやかに過ごした日々だった。とはいえ、本や写真集を買い込んでしまい小遣いを使い果たしてしまったのは不徳の致すところ。。読んだ感想など追々書いてみたいと思う。
posted by stonez | 2011.03.31 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

セットアップ

IMG_6958

最近どうも、息子を寝かしつける時に自分も寝てしまい(笑)、やりたいことができなくて困る。今日も深夜になってやっと目覚めた。とりあえず家の中を撮った。
posted by stonez | 2011.03.30 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

上毛かるた

IMG_6920

群馬には上毛(じょうもう)かるた、という郷土かるたがある。県内の観光地や名産、主要自治体や偉人さんについて知ることができる。自分もかつてそうだったように、息子もやがて学校でやったり競技会に出る時がくると思うし、結婚して初めて群馬にやってきた妻に群馬を紹介する意味でも使えるかと思い本屋さんで買ってきた。さっそく息子にやらせてみたが、さすがに取っつきやすさでアンパンマンかるたには叶わなくて、なかなか2回目をやる機会がない(笑)
posted by stonez | 2011.03.27 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

たのしい写真

IMG_6905

センサーとファインダーの清掃に出していたカメラが帰ってきたのでまず1枚。

ホンマタカシ著「たのしい写真」を読み終える。興味を持ったのは写真の歴史について。写真には決定的瞬間とニューカラーという2つの大きなモダニズムの潮流があり、その後ポストモダンの時代を迎え現在に至っているというもの。決定的瞬間は、小型カメラを常に持ち歩きながら高速シャッターで被写体の動きを止め、被写体を主観的にモノクロで切り取る。一方のニューカラーは大型カメラを三脚で固定し、かなり絞ってスローシャッターでパンフォーカスに撮るカラー写真。決定的瞬間などは元々存在せず、画面の隅々まで等価値に客観的に表現するという考え方。

特にニューカラーは今回初めて知ったので、どんなものかさっそく写真集を見てみたいと思う。それから本文に出てくる、好きな写真の構造を分析して同じ構造の写真を撮ってみるというのも面白そう。撮影テクニックだけでなく、何を撮るのか、なぜ撮るのか、ということも機会があったら考えてみたいと思う。
posted by stonez | 2011.03.26 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他