地震発生直後の様子

地震発生直後の様子

14時46分ごろに地震が発生した直後の自宅にて(群馬県北部は震度5強)。イタリア・カプリ島で買ってきた時計が落下してご覧の通り。他にもメトロノームがピアノから落ちて、カチカチ動いていたとのこと。

【追記】
地震発生当時、歯医者さんで治療を終えたところだったが、あまりに大きな揺れが長く続くので、屋外に避難。それでも揺れが続き、中から続々と人が出てきた(下写真)。地震の恐ろしさをまざまざと見せつけられた。

地震発生直後の様子
posted by stonez | 2011.03.11 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

K

R0033119

図書館に行って読書や調べものなど(写真)。それから歯科に行って問題の親知らずを抜歯してもらう。痛いのでもう寝よう。。
posted by stonez | 2011.03.02 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

リフレッシュ第1弾

IMG_0683

心身のリフレッシュでまずやってもらいたかったこと。気が進まないけど歯医者さんに行って、しっかりガリガリやってもらってきた。でもこれはほんの序の口。長期戦になるとのこと。しっかり直しておきたい。それにしても、この照明に見つめられると本当に固まってしまう(笑)
posted by stonez | 2011.02.17 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

目覚めれば銀世界

R0032960

目覚めると、一面雪だった。ここ数日、雪道の中を会社に向かうことが多くなってきたが、今年は比較的遅い方だと思う。さていよいよ明日は最後の出勤。帰りは、部署の人たちに配るお菓子を買いに高速を使ってサービスエリアに寄ってきた。
posted by stonez | 2011.02.15 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

お見舞い

IMG_0626

のんびり過ごして疲れが癒えたところで、夕方になって祖父の見舞いに行く。今度の病院はさらにのどかな場所にあって、自然は美しいが夜になれば物寂しいだろうと思う。祖父はしきりに自分に何か話しかけてくれるのだが、声が聞き取れなくて歯がゆい。毎日献身的に見守ってくれている叔母のおかげで、家族の名前をスケッチブックに書き始めている。話すのは厳しくても、筆談できたら大きな進歩だろう。
posted by stonez | 2011.02.13 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

認知症?

R0032653

自分はあまり気付かなかったが、おばあちゃんが最近もの忘れが目立ってきて怒りっぽくなったという話をまわりから聞いていたので、有休を取って評判の良い少し遠くの病院に連れて行った。さすがに人気があるようで、結局5時間くらい病院にいることになったが、診察の結果は、87才という年齢を考えると健康なもの忘れ(健忘)だから気にすることはないということだった。念のため後日また検査してくれることになったが、ひとまず安心。とはいえ、今後もちゃんと話を聞いてあげたりしながら、見守っていく必要があるだろうと思う。
posted by stonez | 2011.02.07 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

駅のホームにて

R0032640

夜。妹が帰ってくるので駅まで迎えに行く。外は雪ではなく雨。あまり寒くない。今シーズンはこれまでのところ雪が少ない。通勤を考えると歓迎すべきことなんだけれど。
posted by stonez | 2011.02.06 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

おはよう

IMG_0530

朝。カーテンを開けると美しい朝焼けだった。やっぱりGRじゃなきゃダメだと思った(笑)。いろいろ人間関係で疲れた1日だった。
posted by stonez | 2011.02.01 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

残念至極

IMG_0493

おじいちゃんが倒れて病院に搬送されていくまでの生々しい光景を見てしまったからだろう、息子は見舞いに行くことをずっと拒んでいた。やっぱり、まだ小さいから恐かっただろうし仕方のないことだ。でも、祖父も息子に会いたがっているし、なんとか元気づけてあげたい。

ということで、教育上よろしくないけど今回だけ特例。一緒にお見舞いに行ったらミニカーを買ってあげる約束をして、なんとか家族3人で日が沈む頃に面会に行く。そしたら祖父はリハビリを頑張った後で爆睡中。何回呼んでもまぶたはぴくりともしなかった。。あまりに残念だったので、後日証拠を見せようと祖父を入れて息子と写真を撮ってもらう。

そのあと、脱力しながらミニカーを買いに行ったのだった。
posted by stonez | 2011.01.30 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

非常口

IMG_0363

まずは祖父のお見舞いに行く。家族や仕事のことなどを話しかけると反応あり。手を握る力も感じられた。ほどなく眠りについたところで叔母と交代。病院をあとにする。

その後は買い物などに出かける。息子の最近のお気に入りは非常口の案内看板でとりあえず写真を撮って見せる。他にも信号やら踏切の遮断機やら、変なものに惹かれるあたりは自分にそっくりである。笑。
posted by stonez | 2011.01.23 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他