神戸の夜景

P2032092

兵庫・小野の実家で一泊お世話になり、車に乗せてもらって再び神戸に戻ってきた。カワサキワールドも楽しんで、今日は兵庫で過ごす最後の夜。たまたま予約したホテルで観光タクシー周遊プランというのがあり、迷わず「六甲山の夜景コース」をお願いする。タクシーの運転手さんは、もちろん神戸にお住まいで当時の阪神・淡路大震災で被災されており、六甲山までの道中、街並を見ながら当時の様子を教えてくれた。大手企業のビルが、震災後にはショッピングセンターに姿を変えた場所もあり、この震災が街や人々に与えた影響の大きさを少しではあるが知ることができた。灘のお酒や、阪急や阪神、南海などの球団経営の話など、地元の人でなければ聞くことができなそうなものばかりで楽しかった。

タクシーは順調に進み、六甲山頂の展望台に到着。神戸から大阪にまたがる絶景を目にして息をのんだ。宝石箱をひっくり返したような、というのはこのためにある言葉なんだろう。残念ながら三脚がなかったのと腕前の関係(笑)で思ったような写真が撮れなかったが、また是非訪れたいと思わせるのに十分な光景だった。

P2032131

運転手さんはこのあと、ヴィーナスブリッジに連れて行ってくれた。恋人たちがここを訪れ、モニュメントに鍵(南京錠)をかけると永遠に結ばれるのだとか。確かにカップルを多く目にしたが、それにしてもここも眺めが素晴らしかった。六甲山とは違って、神戸の街がより間近に迫って見え、街の息づかいを肌で感じることができる。妻も息子たちも興奮の様子。日本三大夜景の中でも随一の規模と眺め、と胸を張る運転手さんの表情は誇らしげだった。今度来るときは三脚も持ってこよう。運転手さん、素晴らしい体験をありがとうございました。
posted by stonez | 2013.02.03 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記

結婚式にて

P2021553

今日はお天気も良くて暖かく、結婚式日和。式もあたたかくて素晴らしいものだった。ふたりとも末永くお幸せに。今日はお隣の小野市にある実家にお邪魔することになり、いったん神戸をあとにする。
posted by stonez | 2013.02.02 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

神戸にやってきた

P2011327

妻の従兄弟の結婚式に招待されて、群馬から新幹線を乗り継いで神戸にやって来た。式を明日に控え、今日はハーバーランドに一泊。まずはなんといっても神戸ポートタワーと、その夜景が美しかった。タクシーの運転手さんは和楽器の鼓(つづみ)のようなデザインと言っていたが、自分にはマーメイドラインのウェディングドレスをまとった花嫁のように見える。高さはそれほどないが実にいいセンスだと思う。奥には波をイメージしたという神戸海洋博物館&カワサキワールドが、右手にはポートアイランドに通じる神戸大橋が見える。

P2011230

さて、そのポートタワーに上ってみると神戸の街が一望できる。北に六甲連山を間近にみることができ、その手前に市街地が東西に広がっているのがわかる。街並は、整然とビル群が立ち並んでいて、先の阪神・淡路大震災による甚大な被害の様子を想像させるところがなく、それがかえってこの街の人々の復興にかけるパワーを見たような気がし、思わず頭が下がる。手前の阪神高速も、橋脚が新しく頑丈になっているようだ。

P2011261

それほど時間はなかったが、シティーループという観光案内もしてくれる路線バスがあるということで、これに乗って市内を巡りつつ、南京町(中華街)で少し遅いお昼を食べた。当然といえば当然かもしれないが、華僑のおばちゃんが関西弁で気さくに話してくれたのが新鮮だった。長男坊は興奮の様子。次男坊は妻と交代で抱っこしたがご機嫌。今回は妻の兄も行動を共にして、お互いたくさん写真を撮った。明日は結婚式。晴れると良いが。
posted by stonez | 2013.02.01 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

群馬交響楽団 第487回定期演奏会

群馬交響楽団 第478回定期演奏会<日時・場所>
 2013年1月26日 (土)
 群馬音楽センター(高崎市)

<曲目>
 シューマン/ ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
 (アンコール:シューマン/
      子供の情景より、詩人は語る)
 マーラー/ 交響曲 第5番 嬰ハ短調

<演奏>
 指揮:沼尻 竜典
 ピアノ:萩原 麻未
 群馬交響楽団

久しぶりのコンサート、そして久しぶりに生で聴くシンフォニーということで、心待ちにしていた日がやってきた。会場の群馬音楽センターはほぼ満員。

まずは、2010年のジュネーブ国際コンクールピアノ部門で優勝した、萩原麻未さんのシューマンのコンチェルト。劇的な幕開けから始まる叙情的なメロディに引き込まれる。流麗なピアノと、オーケストラの息のぴったり合った掛け合いがとにかく美しく素晴らしかった。カデンツァも情感たっぷりで、ずっと聴いていたい演奏だった。アンコールでは余韻も余すとこなく楽しませてくれた。

つづいてマーラーの第5番。大編成のオーケストラによる圧倒的な迫力にしびれつつ、トランペットやホルンを始めとした高度な個人技は見ていて凄いのひと言、そして低弦をはじめとした印象的なメロディ、弦楽器の主席奏者だけがピチカートをしたり、打楽器群が個性的な音色で彩りを添えたりと、沼尻さんのきびきびした指揮に導かれてめまぐるしく展開が変わっていくので、オーケストラを見ていて本当に飽きなかった。P1261074気がつけば手に汗握っていた(笑)。アダージェットは、残響の少ないこのホールでさえ豊かに響き、天国のようだった。時折ハンカチで目を拭う人も見られた。鳴り止まない拍手とブラヴォーの嵐だった。

演奏後のアフタートークで印象的だったのは、指揮者の沼尻さんがホルンの主席の方を絶賛していたこと。指揮をしていてしびれたそうだ。今後もまたマーラーを取り上げることもあるそうだし、楽しみ。写真は2階ロビーにて。
posted by stonez | 2013.01.26 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 - コンサート

しんしんと

IMG_1721

散髪の目的も兼ねて、いつものショッピングモールを目指す。今日は1日、広い範囲で雪とのこと。都内各地で交通網の混乱が報じられている。ノーマルタイヤのクルマばかりだろうから交通渋滞は仕方ないし、電車も過密だからちょっとした遅れが連鎖してダイヤの乱れにつながるんだろう。田舎の平穏ぶりをあらためて実感する。
posted by stonez | 2013.01.14 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

ミニ凧揚げ

P1130868

もうじき7か月になる次男坊が、ちょっと重い風邪にかかってしまったこともあり、長男坊を遊びに連れ出してあげられなかったので、公園に連れて行った。自作の糸の短い凧を引っ張って、生き生きと走る長男坊を見ていたら、もうすこし外で遊ばせてあげるべきだなと反省した。
posted by stonez | 2013.01.13 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ

やるべきこと

IMG_1676

お休みになったら色々やりたいことがあって、年賀状が来た方には寒中見舞いを出したいし、来月呼ばれている結婚式の予定を考えたいし、地区の会計の関係ではそろそろ帳簿をつけないと心配だし、月末の勉強会の資料はまだ途中だし、散髪に行かないともうボサボサだし。どうしよう。今日は写真を撮らなかったので、先日のでお茶を濁す。危機感を感じつつ、今日から37才。
posted by stonez | 2013.01.12 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - その他

群馬県庁にて

IMG_1660

出張で県庁に行ってきた。これから、報告書やら申請書やらを取りまとめ、2度にわたる審査を受ける。今年もいよいよ臨戦モード、気を引き締めていこう。

ちなみに写真は、手前が県庁の旧庁舎(昭和庁舎)、奥が現在の庁舎。
posted by stonez | 2013.01.09 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - 通勤

満年齢

とある証明書の関係で職場に電話がかかってきた。その方は、自分は70才のはずだと言って譲らない。でも確認すると、満年齢で現在69才である。数え年だと70才なので、そういう意味では間違いではないけど、該当の法令の関係は満年齢を採用しているのでご理解いただくしかない。とはいえ、ちょっと話にならないからここに話をつけに来るということになった。どうしたもんだろう。この方の同級生を探して年齢を聞いてもらうのが良いのか。

薮から棒だったが、今まで当たり前すぎて考えもしなかったのでいい機会にはなった。ちょっと面食らってしまって、仕事のペースは乱れてしまった(笑)。本当に話をつけにくるだろうか。
posted by stonez | 2013.01.08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ

新栃木駅

P1060826

自分の友達と妻の友達が結婚して、赤ちゃんが誕生したということで、ご実家に遊びにいく。うちの次男坊と半年違いの同い年(辰年)だけど、こんなにも大きさが違うのかと驚いた。とにかく可愛かった(笑)。お昼もごちそうになり、お話も盛り上がりついつい長居してしまった。お世話になりました。

帰り道、すぐに新栃木駅を発見、左右対称で中央の三角が印象的。シンプルだが凛とした佇まいだった。これからもずっと残り続けてほしい駅舎の1つ。
posted by stonez | 2013.01.06 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 - おでかけ